*

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、房総途中下車旅】その2-上総興津、安房小湊、安房天津、安房鴨川、和田浦、九重、若井、竹岡、上総湊、佐貫町、青堀、稲毛海岸、新習志野(外房線、内房線、京葉線)

公開日: : 最終更新日:2024/06/04 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年3月9日その2・・・上総興津駅、安房小湊駅、安房天津駅、安房鴨川駅、和田浦駅、九重駅、若井駅、竹岡駅、上総湊駅、佐貫町駅、青堀駅、稲毛海岸駅、新習志野駅(外房線、内房線、京葉線)

15:51 上総興津(かずさおきつ)駅(外房線 千葉県)
数分の停車。

あのゲートをくぐって海辺に下りていく機会はやがて訪れるだろうか。

こじんまりとしたステキな駅前風景がここにある。

16:03 安房小湊(あわこみなと)駅(外房線 千葉県)
数分の停車。

シーズン前の小湊の夕方。
いつも人がいた駅にはタクシーが一台。
日差しが小湊海岸を照らしている。

ここもホテル三日月の町だったが、味のある旅館も確認できた。
心浮き立つ海旅が続いている。

16:11 安房天津(あわあまつ)駅(外房線 千葉県)
さらに数分の停車。

古くて白くて、どこか日本家屋風とは違うステキな駅舎だ。

目の前の中学校もどこか異国情緒を漂わせ、太平洋に面した町ではその存在が違和感を感じさせることはない。

車窓から見えた海辺へつづく道を眺めた。
20年前か。
伊豆へ同期連中と出かけていた頃が懐かしい。

それは楽しい思い出で、あの時に彼等と向かった海へ向かう小径が基準になっている。
そしてそんな小径をいつも探している。

16:49 安房鴨川(あわかもがわ)駅(外房線/内房線 千葉県)
タイクツな街にタイクツな海岸。
この街に対してそんな記憶を抱えて生きていた。
だからこの街で時間を使うことに否定的でいたんだ。

それがどうだ。
あらためて歩いてみて、街は小さいけど、サーファーが車を並べる海岸はとてもステキだった。

高く聳える南国椰子と街灯。
その先の仁右衛門島。

かつての寒く曇った1月のある一日が、この街でオレに記憶させたものがろくでもないものだったことを知った。

駅舎が工事中だったことも記憶していた。
赤屋根はそのままに軒が増築されていた。
そこには待合室とコンビニが入り、外観はそのあたりのリゾート建築物と見紛うお洒落な造りになっている。

この街で、記憶を更新できたことを喜んでいる。

17:00の時報が鳴った。
夕焼け小焼けだ。

17:39 和田浦(わだうら)駅(内房線 千葉県)
数分の停車。

菜の花がきれいな駅はクジラをイメージしたものと知っていた。
見物する時間はなかったが、待合室には捕鯨の資料が並べられ、解体の様子などを説明している。

駅員は仕事を終え、駅前は夕焼け。
駅灯はあったかい色をしていた。

18:03 九重(ここのえ)駅(内房線 千葉県)
数分の停車。

菜の花と桜の駅で日が暮れた。
駅前広場に灯はなかったが、並行する県道が明るかった。

道々夕焼け空がとてもきれいだったが、このあたりじゃ日が暮れてくると夕暮れの余韻は僅かで、さっさと夜に席を譲る。

いや、違うな。
たんにオレが名残惜しい思いでいるだけだろう。

18:29 岩井(いわい)駅(内房線 千葉県)
数分の停車。

民宿のまちを謳う岩井の駅は思いのほか大きく立派で、駅から町へ続く道は暖色の灯に明るく照らされ、清潔で人を見かけない様は、すべての営業を終えた柴又帝釈天参道を思い出させた。

かつてオレは柴又の隣町で暮らしていたんだ。

18:51 竹岡(たけおか)駅(内房線 千葉県)
さらに数分の停車。

夕闇に沈んだ町に遠く久里浜の灯が見え、見上げた空は星がとてもきれいだ。

10年以上前に社長たちと寄ったことがある。
オレが生まれる前、彼は少年の頃の夏をこの地で過ごしたという。

駅は改装されていて、東浪見や九重で見られた房総簡易仕様になっていた。

このあたりのオバサンの言葉には結構強烈なクセがある。

19:26 上総湊(かずさみなと)駅(内房線 千葉県)
青屋根の駅。
暗くても分かるよ。

潮騒が聞こえる。
通りすがりの女性の髪が風に香る。
なんて星がきれいなのだろう。

駅前通りは国道に通じ、かつては商店街で通ってた筈だが、出ていった者が多く、募集中のスペースが入居のアテを掴むことは、事によってはしばらくないかもしれない。
国道に出てみればきれいな旅館があり、湊夕陽ヶ丘の赤い灯は切なげな光彩を放っている。
対岸には横須賀の灯。

富津の中心地、湊地区を行き交う車は多かった。

19:41 佐貫町(さぬきまち)駅(内房線 千葉県)
数分の停車。

青屋根駅舎だ。
去年は分からなかったし、意識もしなかったな。

駅前の薄暗い灯が好きだ。
夜に対して敬意を払う色だ。

マツダ不動産の脇に食堂の暖簾がかかり、店員が立ち働く様が見てとれた。
去年は確かクリーニング屋があるのみと記した筈だ。

どんな場所にも再訪する価値はある。

20:02 青堀(あおほり)駅(内房線 千葉県)
青屋根駅舎はここから始まり、気づけば駅で煙草が吸えなくなっている。

新日鉄、東電火力発電所といったあたりが臨海に灯を浮かべ、駅周辺も何やら明るく、星が見えにくくなった。

地図を見たらやたらと古墳が多い。
ここらあたりで眠っている王は、どの時代を生きた者たちなのだろう。

21:07 稲毛海岸(いなげかいがん)駅(京葉線 千葉県)
イオンの街。
そして高層住宅の街。
京葉線沿線から人工的な匂いがとれるのにどれほどの歳月が必要だろうか。

高架を走るが海は見えず、幕張新都心がその期待された役目を十分に果たすのはいつになるのかと漠然と思う。

21:25 新習志野(しんならしの)駅(京葉線 千葉県)
数分の停車。

満員の車内に放り込まれた。
凄まじくうるさい。

駅前はかつて仕事途中に寄った時から変わっていないのだろう。
やたらに広いロータリーを囲むように巨大な商業施設がただひとつ。

華やぐ声は聞こえてこなかった。

関連記事

「鉄旅日記」2006年如月【鉄道旅に目覚め、1泊2日で房総半島にまいりました。】初日-佐倉、成東、大網、上総一ノ宮、上総興津、安房鴨川、館山、安房勝山(常磐線/成田線/総武本線/東金線/外房線/内房線)

鉄旅日記2006年2月4日・・・佐倉駅、成東駅、大網駅、上総一ノ宮駅、上総興津駅、安房鴨川駅、館山駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】2日目(津-松阪-伊勢奥津-鳥羽-神島)その2-多気、伊勢神宮外宮、伊勢市、鳥羽、鳥羽マリンターミナル(参宮線/鳥羽市営定期船)

鉄旅日記2018年12月23日・・・多気駅、伊勢神宮外宮、伊勢市駅、鳥羽駅、鳥羽マリンターミナル(参

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その2-有間川、谷浜、名立、直江津、犀潟、二本木、今井、川中島、姨捨、信濃境、すずらんの里、富士見(北陸本線/信越本線/篠ノ井線/中央本線)

鉄旅日記2014年3月23日その2・・・有間川駅、谷浜駅、名立駅、直江津駅、犀潟駅、二本木駅、今井駅

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その2-宮古駅、吉里吉里駅、盛駅、大船渡駅、気仙沼駅、女川駅、石巻駅、利府駅、道の駅あだち

車旅日記2006年5月6日・・・宮古駅、吉里吉里駅、盛駅、大船渡駅、気仙沼駅、女川駅、石巻駅、利府駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日・・・野田城駅、長篠城駅、大海駅、三河大野駅、浦川駅、門島駅、桜町駅、飯田

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】2日目(琵琶湖志賀-福山)桂川PA、三木SA、白鳥PA、篠坂PA、芦田川畔

車旅日記2000年8月13日・・・桂川PA、三木SA、白鳥PA、篠坂PA、芦田川畔 2000・8・1

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その2-直方、新飯塚、彦山、豊前桝田、夜明、御井、川尻、住吉、三角(筑豊本線/後藤寺線/日田彦山線/久大本線/鹿児島本線/三角線)

鉄旅日記2015年8月13日その2・・・直方駅、新飯塚駅、彦山駅、豊前桝田駅、夜明駅、御井駅、川尻駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】最終日(神島-鳥羽港-伊良湖岬-三河田原-豊橋-東京)その2-中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢湾フェリー)

鉄旅日記2018年12月24日・・・中之郷駅、伊勢湾フェリー乗場、道の駅伊良湖クリスタルボルト(伊勢

記事を読む

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その2-西藤原、あすなろう四日市、内部、日永、西日野、泊、南四日市(三岐鉄道三岐線/四日市あすなろう鉄道内部線/四日市あすなろう鉄道八王子線)

鉄旅日記2018年12月22日・・・西藤原駅、あすなろう四日市駅、内部駅、日永駅、西日野駅、泊駅、南

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【女川を目指した旅。ここには震災前の女川の姿が残されております。】最終日(新庄-東京)その1-新庄、最上、鳴子温泉、岩出山、北浦、小牛田、鹿又、石巻(陸羽東線/石巻線)

鉄旅日記2009年10月11日・・・新庄駅、最上駅、鳴子温泉駅、岩出山駅、北浦駅、小牛田駅、鹿又駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑