*

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】初日(東京-安中)その2-伊豆急下田、伊豆高原、橋本、八王子、東福生、福生、拝島(伊豆急行線/横浜線/八高線/青梅線)

公開日: : 最終更新日:2023/06/25 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年2月9日・・・伊豆急下田駅、伊豆高原駅、橋本駅、八王子駅、東福生駅、福生駅、拝島駅(伊豆急行線/横浜線/八高線/青梅線)
11:59 伊豆急下田(いずきゅうしもだ)駅(伊豆急行線 静岡県)
駅前の記憶はいい加減なものだった。

このような駅前だったか。
初めて降りたような気持ちにさせてくれる姿だった。

寝姿山ロープウェーには確か乗ったはずだが、30年前の記憶だ。
正確性には期待していない。



その後も何度か降りたけど、どれも古い記憶。
巨大なエビフライを出してくれた食堂は、どのあたりにあるのだろう。
この街じゃ有名な店だと聞いていた。

ペリーロードも吉田松陰の道も、また今度。

運河をしばらく歩き、駅に戻った。



南の終着駅は賑わい、冷たい風は消えて、雪雲がかかる予報はどうなったのか知らないが、外には光さえ感じられる。

彼女からは東京に雪が落ちてきたとメッセージが届いた。

13:19 伊豆高原(いずこうげん)駅(伊豆急行線 静岡県)
かつて伊豆高原と名のついたリゾート小屋に当時の仲間と泊まったことがある。
この駅や一帯を見渡す丘の上だった。

細部はもはや覚えていない。
そうした団体行動に限りない魅力を感じていた20歳代。

誰がそこにいたのか。
正確なものは脳が捨て去ってしまった。

伊豆はリゾート地。
仲間で向かうべき土地だった。

そんな過去を生きて、こうしてひとり。
今じゃこっちが性に合っている。

下り列車の遅れにより10分の停車が短縮され、さらに遅れての出発。

天は雨を寄越すが、雪にはならない。
気象庁は土地柄を読み違えたようだ。

通路に並んだひな飾りを横目に駅を写し、ウイスキーハイボールを追加購入して、オーシャンビューのリゾート号に戻る。

各駅停車の列車に、このような豪華客車を投入する伊豆急行の奮闘に敬意を。

16:04 橋本(はしもと)駅(横浜線/相模線/京王電鉄相模原線 神奈川県)
熱海、茅ヶ崎と乗り継ぎ、相模線で橋本へ。

都心近くでは雨に変わったと聞いた雪は、降り積もるようには見えないが、夕方の冷気を得て勢いを増したように見える。

およそ20年前にほぼ隔週でサッカーをしに通っていた橋本。
行く度に何かが増えていく街だった。

最後に降りてからは10年以上の歳月が流れている。

街は完成していて、駅構内の店先から一歩外へと踏み出した光景のすべてが見覚えのないものに変わっていた。

16:27 八王子(はちおうじ)駅(中央本線/横浜線/八高線 東京都)
草木の上が雪で白くなりつつある。

たくさんの子供たちの愛らしい姿があふれた八王子駅構内。
心をほころばせながら歩いた。

喧騒から距離を置いた南口のたたずまいに、かつての駅が持っていたほどよい人波を思い出して、降りしきる雪の中でスマホを構えた。

こんな日に、一年前まで暮らしていた家ではどうしているかと、ふと思う。

雪は勢いを増したようで、降り積もるのはこれからなのかと思いを新たにする。

八王子を書いたのは何年前だったか。
高校時代に八王子の出で肌の合わない級友がいて、彼から受けた印象がオレの目に余計なフィルターをかぶせ、この街を見る羽目になった。

そんなことを書いた。

その該当人物と去年の同窓会で再会して、固い握手を交わした。
ティーンエイジャーだった二人は共に50歳のオッサンになっていた。

八王子でもう少し時間をとれていたらよかった。

16:50 東福生(ひがしふっさ)駅(八高線 東京都)にて

17:08 福生(ふっさ)駅(青梅線 東京都)
寂しい駅に降りた。
20分ほど前の東福生駅のことだ。

駅舎はなく、雪を遮る上屋に壁はなく、凍えた待ち人は背中を丸めて小さくなっている。

かつて旅の途中に寄ったこともあり、懐かしくて降りてみたが、あれは確か夏。
車を止めてしばらくそこにいたのだろう。

福生という街と、青梅線福生駅周辺に興味があり、徒歩で往復するつもりでいた。

でも福生の街は思いのほか大きく、この街を見た後にあの寂しい東福生駅に戻って列車を待つことに疑問を感じて、拝島に戻る青梅線に乗った。
ビールを飲むなら拝島の方がいい。

米軍キャンプがある福生の歓楽街の色は独特だった。
福生に降りるのならば感じてみたい感覚がこれだと思い当たる。
米兵の姿は見えない。



件の女友達は、少し前に横田基地内のハーフマラソン大会に参加している。

これも縁と言えば縁になる。

17:31 拝島(はいじま)駅(青梅線/五日市線/八高線/西武拝島線 東京都)
私鉄を含めて4線が交わる大鉄道駅に降りるのもまた一年振りになる。

あれは今暮らしている金町のアパートを見つけに行った日になるだろうか。
もはやすべてが定かではない。

西武線側の出口はロータリーとコンビニがあるだけで明かりは少ない。

コンビニの先に単線のレールが敷かれていて踏切がある。
この線路は米軍横田基地内に続いている。

思えば拝島との縁を遡れば40年近く前になる。
親父に連れられてここで西武線に乗り換えて、初めて西武球場に野球を観に行った12歳当時。

こうして降りてみると、例えば生まれ育った町田の隣町で、よく友人と待ち合わせた相模大野駅などより、よほど懐かしい。

【Facebookへの投稿より】
東京下町を出る一番列車に乗って、伊豆へとまいりました。

青春時代と言える頃、大勢の仲間たちと散々訪ねた観光地へ、ひとりで往く気恥ずかしさを感じて熱海を過ぎましたが、南蛮レトロ的かつ温泉街の情緒をまとう東伊豆の区々にたまらぬ懐かしさを感じて、先ほど下田を後にいたしました。

何の脈絡もございませんが、これより上州碓氷峠の麓、安中宿に向かいます。

関連記事

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】3日目(津軽SA-十和田湖-酒田駅-鳴子温泉)-津軽SA、温川、十和田湖休屋、長木渓谷、道の駅鷹巣、道の駅琴丘、道の駅西目、象潟駅、酒田駅、道の駅戸沢、鳴子サンハイツ

車旅日記1998年5月3日 1998・5・3 5:45 東北自動車道-津軽SA 1087km 聞

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日・・・取手駅、竜ケ崎駅、佐貫駅、岩間駅、赤塚駅、大洗駅、鹿島神宮駅(常磐

記事を読む

「鉄旅日記」2007年新春【本格的に鉄旅が始まりまして、まずは冬の北陸を目指したのでございます。】2日目(高岡-金沢)-高岡駅前、越ノ潟、高岡、氷見、高岡、城端、金沢(万葉線/氷見線/城端線/北陸本線)

鉄旅日記2007年1月7日・・・高岡駅前駅、越ノ潟駅、高岡駅、氷見駅、高岡駅、城端駅、金沢駅(万葉線

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【秩父へ。西武線とのお別れでございます。】-練馬区役所、芦ヶ久保、西武秩父、御花畑、秩父、入間市(西武秩父線/秩父鉄道/西武池袋線)

鉄旅日記2018年3月24日・・・芦ヶ久保駅、西武秩父駅、御花畑駅、秩父駅、入間市駅(西武秩父線/秩

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日・・・七日市駅、塩川駅、姥堂駅、会津若松駅(只見線/磐越西線) 16:

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

鉄旅日記2012年3月20日その2・・・富士宮駅、身延駅、鰍沢口駅、市川大門駅、南甲府駅、石和温泉駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その1-天王台、植田、泉、いわき、富岡(常磐線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・天王台駅、植田駅、泉駅、いわき駅、富岡駅(常磐線) 2019・3

記事を読む

「車旅日記」1996年秋【夏をあきらめきれず、秋。再び夏のルートへと向かったのでございます。】初日 東京‐三国峠‐新潟(R17) 橋本、拝島、東松山、籠原駅、高崎、月夜野情報サービスセンター、猿ヶ京湖城閣、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1996年11月1日 1996・11・1 12:13 東京町田 昨夜の決意は固かったけど

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】最終日(新潟-五泉-弥彦-柏崎-長岡)走行距離246㎞ その1-新津駅、五泉駅、巻駅、弥彦駅、柏崎駅、笠島駅

車旅日記2005年7月18日 2005・7・18 時刻の記載なし 新津駅(7月16日の長岡駅より7

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】2日目(西舞鶴-魚津)その1-西舞鶴、東舞鶴、若狭高浜、小浜、上中、十村、木ノ本、余呉、高月、永原、敦賀(舞鶴線/小浜線/北陸本線/湖西線)

鉄旅日記2014年3月22日その1・・・西舞鶴駅、東舞鶴駅、若狭高浜駅、小浜駅、上中駅、十村駅、木ノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その5‐撫牛子、川部、五所川原、津軽五所川原(五能線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・撫牛子駅、川部駅、五所川原駅、津軽五

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その4‐青森、新青森、津軽新城、鶴ヶ坂、浪岡(奥羽本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・青森駅、新青森駅、津軽新城駅、鶴ヶ坂

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その3‐小牛田、一ノ関、盛岡、八戸、野辺地(東北本線/IGRいわて銀河鉄道/青い森鉄道)

鉄旅日記2019年11月2日・・・小牛田駅、一ノ関駅、盛岡駅、八戸駅、

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その2‐郡山、福島、仙台、品井沼、松島(東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・郡山駅、福島駅、仙台駅、品井沼駅、松

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯、新白河(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑