*

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】初日(東京-安中)その1-金町、熱海、城ヶ崎海岸、伊豆熱川、伊豆稲取、今井浜海岸、河津(常磐線/東海道本線/伊東線/伊豆急行線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年2月9日・・・金町駅、熱海駅、城ヶ崎海岸駅、伊豆熱川駅、伊豆稲取駅、今井浜海岸駅、河津駅(常磐線/東海道本線/伊東線/伊豆急行線)
2019・2・9 4:30 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
本格的な降雪が予想される3連休初日。
列島は寒波に震え、北海道の映像はひたすらに白かった。

関東でも積雪になると気象庁は警告を発した。

雨から雪に変わるという段階を踏まずに、天はいきなり雪を寄越すらしい。

目安としては9時頃。
まずは南に向かうオレは、南の国で雪に遭遇することを期待している。

この旅から、別れの記憶が一年前のことになっていく。
同じこの3連休に北へ向かった去年の旅をしきりに思い出している。

あの頃に身近だった人々はいなくなり、孤独に生きているようでそうでもない。

そしてやはり1年は短かったと感じている。

7:22 熱海(あたみ)駅(東海道新幹線/東海道本線/伊東線 静岡県)
はす向かいに座った3人のよく似たお子さんと母親の姿に目を奪われていた。

その横、オレの正面に座る女子高生も愛らしい。

車窓は湘南海岸、小田原を過ぎて、相模湾を一望。
ほのぼのとして幸のある車内だった。

お馴染みの熱海駅前。


いくつかある思い出も、気づけば最新のものから少なくとも5年は経過している。

駅へと振り返れば、見覚えのない熱海駅がそこにあった。

8:39 城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)駅(伊豆急行線 静岡県)
ここで1時間の滞在を予定していたけど、降りてみて分かった。
海岸は遠い。
30分切り上げた。

海へと向かう坂道を下りていく。
角のサーフショップを過ぎて、桜並木を下りていく。

冷たい風に吹かれたリゾートタウンは空き家の群れのように寂しげで、人を見かけず雨戸も下りていた。
海辺はやはり遠く、引き返す。

2週間ほど前からオレの人生に入ってきた女友達。
彼女からメッセンジャーが入っていた。

なくしたものだけを数えて生きているわけじゃない。
そう思う最近の暮らし。

ホームの先に足湯が沸いている。
利用できるのは10時から。

列車が来るまで彼女への返信を打っていた。

9:18 伊豆熱川(いずあたがわ)駅(伊豆急行線 静岡県)
若い頃に友人からよく話を聞かされたが、バナナワニ園には行ったことがない。
そんな施設が真っ先に頭に浮かぶ町に降りた。

駅前には盛大に湯気が沸き、海辺へ下りていく道には赤く塗られた橋が架かり、射的場が構える商店街が懐かしい。

浜辺では体操をする一団の姿があり、霞む大島に目をやり、SNSに上げる写真を撮る。
そんな行為が当たり前になった旅をおかしくも楽しんでいる。


こんなオレも、やはりつながってはいたい。

駅へときた道を上る。

駅前の高級温泉旅館を眺めて、オレが持ち得なかった団欒を想った。

そこでは憎みきれない人が浴衣を着て、オレは子供の手を握って海辺へと駈けていた。

10:04 伊豆稲取(いずいなとり)駅(伊豆急行線 静岡県)
商店街を海辺に下りていく。
突き当たりが漁港で、工事関係者の姿しか見られない。

観光客の見当たらない日常的な姿をした商店街。
駅へと上がる。


江戸城の礎石が切り出された町を謳う稲取。

駅には多くの人が待っていて、いち早くホームへ。
狭い待合室にいたたまれない人々が、オレを慕うようにホームに上がってきた。

中国人の姿はここにもある。
相変わらず活動的だといつも感心する。

世界であれこれよくない言われ方をするが、愛しきものを連れて降りた去年の本川越では、中国人家族に親切にしてもらった。
彼を抱いて自撮りに苦心しているところを、賑やかに声をかけてくれて撮ってくれたんだ。

愛しきものへは、家族総出で顔を崩して「笑え笑え」と。
ありがたくて何度も頭を下げた。

以来、基本的にあの民族には好意を持っている。

10:22 今井浜海岸(いまいはまかいがん)駅(伊豆急行線 静岡県)にて

10:50 河津(かわづ)駅(伊豆急行線 静岡県)
ひとつ手前の今井浜海岸駅で降りて、海岸線に沿って歩く。


ひと山越えれば河津の町に着くだろう。

その予測は当たり、トンネルを脇道にそれると町が見えた。

そしてまた山が立ちはだかる。

伊豆とはそんな土地だった。
紀伊半島をはじめ、そんな土地柄は本来険しい。

海岸線は美しく、空は明るさを取り戻している。
予報じゃ、この後に雪雲は伊豆半島にかかる。

心優しい女友達から便りが届いている。
まだ開けていない。

縁とは奥深いものだと思いながら、心の恋人が去った日常を埋めてくれる彼女との会話を心から楽しんでいる。


関連記事

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本線) 17:53 婦中鵜坂(

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】3日目(福山-宇部)尾道西PA、奥屋PA、温品PA、玖珂PA

車旅日記2000年8月14日・・・尾道西PA、奥屋PA、温品PA、玖珂PA 2000・8・14 9:

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その1(東京-宇治)-東福寺、祇園四条、伏見稲荷、稲荷、男山山上、八幡市、枚方市、私市、河内森、河内磐船、交野市(京阪本線/男山ケーブル/京阪交野線)

鉄旅日記2015年3月21日その1・・・東福寺駅、祇園四条駅、伏見稲荷駅、稲荷駅、男山山上駅、八幡市

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その2-猿田、旭、八日市場、八街、成東、本納、茂原、千倉、佐貫町、姉ヶ崎、市川(総武本線、東金線、内房線、外房線)

鉄旅日記2012年3月12日その2・・・猿田駅、旭駅、八日市場駅、八街駅、成東駅、本納駅、茂原駅、千

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】5日目(松浦-若松)その1-松浦、有田、伊万里、唐津、筑前前原、姪浜、天神、西鉄福岡、博多(松浦鉄道/筑肥線/福岡市地下鉄空港線)

鉄旅日記2009年9月22日・・・松浦駅、有田駅、伊万里駅、唐津駅、筑前前原駅、姪浜駅、天神駅、西鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】初日(東京-和歌山)その2-和泉府中、東岸和田、日根野、熊取、りんくうタウン、関西空港、紀三井寺、黒江、紀伊中ノ島、和歌山(阪和線、関西空港支線、紀勢本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2・・・和泉府中駅、東岸和田駅、日根野駅、熊取駅、りんくうタウン駅、関

記事を読む

「鉄旅日記」2006年晩秋【浜名湖へ。そして飯田線に乗って、友に会いにいったのでございます。】初日-掛川、尾奈、リステル浜名湖(東海道本線/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2006年11月3日 2006・11・3 リステル浜名湖239号室 飲みすぎた翌朝。

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その2‐新庄、鳴子温泉、小牛田(陸羽東線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・新庄駅、鳴子温泉駅、小牛田駅(陸羽東線) 11:19 新庄(しんじ

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 9:35 鹿児島東急イン829号室 出発が遅く

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、ダム湖に水没する鉄路へ】その2-川原湯温泉、岩島、群馬藤岡、高麗川、拝島、昭島、中神、武蔵溝ノ口、武蔵中原、鹿島田、尻手(吾妻線、八高線、青梅線、南武線)

鉄旅日記2012年4月1日その2・・・川原湯温泉駅、岩島駅、群馬藤岡駅、高麗川駅、拝島駅、昭島駅、中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑