*

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】番外編(京都で過ごす日)-四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅、京都駅

公開日: : 旅話 2004年

車旅日記番外編2004年11月23日
2004・11・23 嵯峨嵐山(さがあらしやま)駅(山陰本線 京都府)
堀川を下ル。
二条商店街を右入ル。
大宮通りを下ル。

京福電鉄四条大宮駅に着いた。
ここにこんな駅があることを知らずに歩いてきた。
駅は嵐山に向かう京都人であふれている。

京都とはまさに素晴らしい街。
こうして手軽に風光明媚な場所にいける。

路面を走る親しみ深い鉄路を往き、嵯峨駅前で降りて、ここまでを歩く。
費用は僅かに200円。

京福電鉄も満員だったが、こっちからも大勢の客が降りてきた。
駅では繰り返し「いい日旅立ち」を流している。

好きな女性に会いに、京都にはもう何度も来ているが、嵐山は初めてになる。

恋から解き放たれて、これからオレと京都の新たな関係が始まる。

それにしても凄い人の数だ。
嵐山にはもう一線、阪急電車が乗り入れているが、それでもさばききれないほどの人であふれている。

ここにオレの居場所はあるだろうか。

四条大宮(しじょうおおみや)駅(京福電鉄嵐山線 京都府)2020年7月26日撮影

嵯峨駅前(さがえきまえ)駅(京福電鉄嵐山線 京都府)2020年7月26日撮影(現在、嵐電嵐山駅に改称)

13:09 阪急嵐山(はんきゅうあらしやま)駅(阪急電鉄嵐山線 京都府)
京福嵐山駅はまるで歌舞伎座のようだった。

駅前の混雑は3日前よりも増してひどい。
渡月橋を渡る。

この駅は少しばかり雑踏を離れた民家の中にある。
人声が絶えた。

嵐山は、オレみたいな男にも優しい場所で、紅葉はことのほか美しい。

ひとまず桂へ。
そして河原町へ。

小豆色の阪急電車がやってきた。
11月にしては暑い。

2020年7月26日撮影

京福嵐山(けいふくあらしやま)駅(京福電鉄嵐山線 京都府)2020年7月26日撮影

渡月橋からの眺め 2020年7月26日撮影

17:43 京都(きょうと)駅(東海道・山陽新幹線/東海道本線/山陰本線/奈良線/湖西線/近鉄京都線 京都府)
19:16発のぞみ号を予約している。
出町柳からここまでも散々歩いた。
立つことは考えたくない。

昨日と同じ店にいる。
ひとりで気軽にビールを飲めるこの店を気に入っている。

昨夜、オレの数少ない居場所に行ったら、彼女がいた。
予期せぬ出来事だった。
マスターに頼まれて特別に働いていたのだという。

てっきりもうこの街にはいないと思っていた。
変わらぬ姿に安心もしたし、オレはもう2、3年前のオレではないことを自身知った。

彼女との間に明確な別れを意味する言葉を交わした記憶はないが、つまりもう彼女とのことは過去のものとして、気持ちを整理できていることに気づいた。

彼女はとうにオレとのことは過去にしている。
これでいい。

代わりに、オレと京都は遠くなると思ったよ。
そう、昨夜あの時は。

でも。
烏丸五条で見上げた月。
薄暮の嵐山。
オレの好きな京都を見ると、気持ちが揺らぐ。

鴨川では恋人たちが相変わらず規則正しく寄り添い、欧州女性は寝ころびながら本のページを捲り、親子は水生昆虫採りに夢中で、連れ立って走る一団の姿もある。

皆一様に11月末に訪れた暖かな一日を心から楽しんでいた。

そんな鴨川も9月の台風では河川敷は水没して、水は四条大橋に限りなく迫ったという。

彼女に用があって京都にいた頃は、東は八坂神社、西は堀川、北は下鴨神社、南は九条通りに限定されていたのが、今回は嵐山へ。
そして鞍馬へ。

皮肉なことに彼女との別れを意識した日に、京都はより多くの姿を見せてくれた。

でもオレが本当にいたいと思っている場所は、いつも変わらない。
京都タワーを目の前にした京都駅烏丸口。

夕暮れ近くなると燦燦と輝く巨大なクリスマス・ツリー。
女性たちはケータイを向けて、「きれい!」と友達と見せっこをしている。

新幹線ホームは大勢の旅行客で混雑していた。
相生駅で信号機故障が発生したとのことで遅れが生じているらしい。

ただ新大阪発ののぞみ号に影響はなく、鞄の中にささやかな荷物をひとつ増やして京都を離れる。

東京に戻ったら、また本来考えるべきことを考えてしっかり生きていこう。
そしていつかラヴ・トレインがやってくる停車場にいこう。

八条口(2020年7月26日撮影)

関連記事

「車旅日記」2004年誕生月 【沖縄ひとり旅】最終日-ひめゆりの塔、具志川城址、喜屋武岬、那覇空港

車旅日記2004年2月15日 2004・2・15 10:05 ひめゆりの塔 前日の那覇空港

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その3-稚内サンホテル

車旅日記2004年5月4日 21:39 稚内サンホテル325号 素敵な部屋に案内してもら

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その1-鹿児島東急イン、城山公園、鹿児島中央駅、出水駅、八代駅、熊本駅

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 9:35 鹿児島東急イン829号室 出

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】4日目(鹿児島-田原坂-長崎)走行距離384㎞その2-田原坂古戦場跡、大牟田駅、肥前山口駅、長崎ニューポート

車旅日記2004年8月14日 2004・8・14 17:05 田原坂古戦場跡(8月11日の

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】2日目(宇野-下津井-新見-津山-城崎)走行距離377㎞ その2-月田駅、津山駅、智頭駅、餘部駅、鎧駅、レイセニット城崎

車旅日記2004年11月21日 2004・11・21 15:05 月田駅(11月20日の京

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】最終日(城崎-豊岡-舞鶴-京都)走行距離256㎞-レイセニット城崎、城崎駅、豊岡駅、久美浜駅、宮津駅、西舞鶴駅、東舞鶴駅、福知山駅、京都駅

車旅日記2004年11月21日 2004・11・22 8:57 レイセニット城崎413号室

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その1-葛飾金町、羽田空港、佐賀空港、佐賀駅、神埼駅、鳥栖駅、筑前内野駅

車旅日記2004年8月11日 2004・8・11 4:42 東京葛飾金町 2度の安らかな

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】最終日(稚内-旭川空港)走行距離353㎞その2-天塩中川駅、音威子府駅、美深駅、名寄駅、風連駅、和寒駅、比布駅、神居古潭、旭川空港

車旅日記2004年5月5日 12:30 天塩中川駅 (5月1日の旭川空港より1802km)

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】3日目(宮崎-志布志-枕崎-鹿児島)走行距離382㎞その2-隼人駅、枕崎駅、開聞駅、指宿、鹿児島東急イン

車旅日記2004年8月13日 2004・8・13 14:15 隼人駅(8月11日の佐賀空港

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】初日(佐賀空港-筑豊-別府)走行距離254㎞その2-田川後藤寺駅、豊前川崎駅、宝珠山駅、日田駅、豊前中村駅、鳥栖駅、別府・ホテル清風屋上ビヤガーデン

車旅日記2004年8月11日 14:42 田川後藤寺駅(佐賀空港より110km) かつて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑