*

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】初日(東京-安中)その3-高麗川、丹荘、児玉、高崎、安中(八高線/信越本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年2月9日・・・高麗川駅、丹荘駅、児玉駅、高崎駅、安中駅(八高線/信越本線)
18:07 高麗川(こまがわ)駅(八高線/川越線 埼玉県)
彼女からのメッセージの返信に時を費やす。
あたたかくて素敵な時間だ。

高麗川駅は変わっていなかった。
かつて立ち寄ったマンション1階の赤提灯も変わらずあった。

通りまで歩いて駅に戻る。

全国チェーンの飲み屋の明かりだけがまぶしく、駅を照らす灯は心許ない。

アナウンスで注意を促していたが、この列車は18:12になったら音もなくすーっと動き出した。

19:21 丹荘(たんしょう)駅(八高線 埼玉県)
この駅に降りる人が5名を数えるに及んで、計画通りに降りてみることにした。

人々には皆迎えの車があり、それぞれに去っていくと暗闇が覆い、駅の顔や色さえ定かじゃない。

雪が降った形跡はなく、路面も濡れてはいない。
最強寒波はどうやら関東では本来の実力を発揮できなかったようだ。

かつて1986年までこの駅を起点とする上武鉄道日丹線が運行していたことを知った。
西武化学前駅までの6.1km。
間には3駅を置くのみの小さな鉄路。

つい最近のことじゃないか。

ただ残念なことに、当時のオレは旅にも鉄道にも何の関心もない。

19:50 児玉(こだま)駅(八高線 埼玉県)
上り列車でひと駅戻る。

猫にはあまり好かれたことはないが、この駅に居着いた猫に鳴かれて切なくなっている。

許してほしい。
リュックには何も入っていないんだ。

顔に斑点が浮いていたのが気になるけど毛艶はよく、痩せていないどころか丸々と太っている。
逞しく生きているのだろう。


駅前通りを歩いて行った。
立派な商店街が形成されていたが、この時間まで開いているのは3軒のみで、そこからはいずれも品のいい灯が洩れていた。

酒はないかと歩けども酒屋もコンビニもなく、徒歩5分ほどのところで引き返す。

駅の灯もあたたかげで好ましく、その灯の下で彼女に向けて今日6度目の返信をしていた。

20:49 高崎(たかさき)駅(上越新幹線/北陸新幹線/信越本線/高崎線/上越線/両毛線/吾妻線/上信電鉄 群馬県)
粉雪がちらつく街は冷気に満ちている。

ビールを持つ手が不意に震えはじめ、体の変調に驚いた。

ビールは体を冷やすな。
当たり前だが。

横川行の列車が早めに入線して人心地がついた。
この旅ももうじき終わる。

一ヶ月前に達磨が置かれていたスペースには花壇ができていた。

こんな高崎駅を愛したいと思う。

21:15 安中(あんなか)駅(信越本線 群馬県)にて

22:26 古久家旅館
武田家臣団の中に安中左近影繁の名を見かけて以来、気になっていた町に宿をとった。
この町にあるたったひとつの宿だ。

母方のご先祖様が信州真田氏の家臣だったこともあり、主筋にあたる武田信玄、武田勝頼に入れ込んだ時期がある。
10代の終わり頃だった。

江戸時代に書かれた「甲陽軍鑑」に、安中左近は150騎の侍大将として載っている。

1575年の長篠合戦に従軍して戦死。
その様は長篠合戦図屏風にも描かれている。

大将を討ち取られる悪戦に苛まれた安中勢。
この地に帰り着いた者はほぼいなかったとも伝わる。

ここの投宿者は常連客で占められ、部屋に鍵はかけないという。

今時珍しいコミニュティだ。
賛同して鍵は受け取らなかった。

18号国道安中バイパスが駅前を貫く安中に歓楽街はなく、食事ができる店は2軒にコンビニが1軒。
マクドナルド、すき家があったな。

駅の反対側に段丘状の工場夜景が見える。
朝が来て碓氷川を描写すれば、この町にいた事実のすべてが揃う。

安中はそうした町で、コンビニを過ぎてからはひたすらに暗い道を歩いてきた。

【Facebookへの投稿より】
伊豆急下田→熱海→茅ヶ崎→橋本→八王子→高崎。

最強寒波は関東平野では本来の実力を発揮できずにいたようで、北に向かうにつれて雪の気配は消えていったのでございます。

ただ、現在高崎には粉雪が舞っております。
今夜の宿泊地、上州安中にはもうじき到着いたします。

猫に好かれたことのない人生でしたが、先程ふらっと降りた駅で、温かな感触を得たりもした本日の旅でございました。

関連記事

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その1-西鉄柳川、西鉄久留米、西鉄甘木、甘木、基山、けやき台、原田、桂川(西鉄本線、西鉄甘木線、甘木鉄道、鹿児島本線、筑豊本線)

鉄旅日記2015年8月15日その1・・・西鉄柳川駅、西鉄久留米駅、西鉄甘木駅、甘木駅、基山駅、けやき

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】4日目(宇部-東京町田)佐波川SA、宮島SA、久地PA、帝釈峡PA、美作追分PA、社PA、桂川PA、多賀SA、東郷PA、三方原PA、牧之原SA、駒門PA

車旅日記2000年8月15日~16日・・・佐波川SA、宮島SA、久地PA、帝釈峡PA、美作追分PA、

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】最終日(宮古-東京)その1‐宮古、岩手船越、浪板海岸、吉里吉里(三陸鉄道リアス線)

鉄旅日記2019年9月23日・・・宮古駅、岩手船越駅、浪板海岸駅、吉里吉里駅(三陸鉄道リアス線) 2

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その2-伊那大島、駒ヶ根、伊那北、岡谷、下諏訪、茅野、山梨市(飯田線/中央本線)

鉄旅日記2018年10月8日・・・伊那大島駅、駒ヶ根駅、伊那北駅、岡谷駅、下諏訪駅、茅野駅、山梨市駅

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その2-宇治山田、東青山、青山町、名張、大和八木、大和西大寺、新大宮(山田線/大阪線/橿原線/奈良線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・宇治山田駅、東青山駅、青山町駅、名張駅、大和八木駅、大和西大寺駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】初日(東京-小出-会津若松)その1-保谷、池袋、赤羽、高崎、井野、水上(西武池袋線/埼京線/高崎線/上越線)

鉄旅日記2018年3月3日・・・保谷駅、池袋駅、赤羽駅、高崎駅、井野駅、水上駅(西武池袋線/埼京線/

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その2-止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフィックホテル

車旅日記2004年5月2日・・・止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフ

記事を読む

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その3‐岩峅寺、立山、電鉄富山、富山(富山地方鉄道立山線/富山地方鉄道不二越・上滝線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・岩峅寺駅、立山駅、電鉄富山駅、富山駅(富山地方鉄道立山線/富山地方

記事を読む

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その1-紋別港、サロマ湖三里浜オートキャンプ場、芭露駅跡、サロマ湖ワッカ原生花園、網走市鉄道記念館、網走監獄、網走駅、北浜駅、浜小清水駅

車旅日記2004年5月2日・・・紋別港、サロマ湖三里浜オートキャンプ場、芭露駅跡、サロマ湖ワッカ原生

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】最終日(新潟-五泉-弥彦-柏崎-長岡)走行距離246㎞ その2-青海川駅、安田駅、北条駅、長鳥駅、来迎寺駅、長岡駅、東京葛飾金町

車旅日記2005年7月18日・・・青海川駅、安田駅、北条駅、長鳥駅、来迎寺駅、長岡駅、東京葛飾金町

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑