*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.1【和歌山電鐵に乗るために、青春18きっぷで紀伊半島一周を思い立ったのでございます。】初日(東京-紀伊田辺)その1-金町、名古屋、多気、川添、三瀬谷(常磐線/東海道本線/関西本線/伊勢鉄道/紀勢本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月2日・・・金町駅、名古屋駅、多気駅、川添駅、三瀬谷駅(常磐線/東海道本線/関西本線/伊勢鉄道/紀勢本線)
2019・3・2 4:27 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
只見から会津、新潟と旅をした一年前を思い出す。

3月は別れの季節。

幼稚園入園からはじまり、やがて社会へと出て、そうした仕組みの中で生きてきたが、奇しくも去年、自身最大の別れをこの季節に経験した。

あれから季節はめぐり、迎えた最初の春。
この町を一番に出る旅の列車に乗り込んでいる。

あれからもう何もかもが変わってしまった。
住む家も町も、職場での立場も、恋をしている相手も、この先の未来への考え方も、大切に思う人々も、何もかもが変わってしまった。

寒さが和らぎ、青春18きっぷの利用期間を迎え、似たような一日を一番列車に乗ることから始めた人々と乗り合わす旅の朝に思う。

やはりあの人はもう戻らないのだろうかと。

11:37 名古屋(なごや)駅(東海道新幹線/東海道本線/中央本線/関西本線/名古屋市営地下鉄東山線/名古屋市営地下鉄桜通線/名古屋臨海高速鉄道あおなみ線 愛知県)
この旅最初の記憶は、真鶴沖に上がった神々しい太陽だった。

天照大神が祝福する旅はこれから伊勢の鼻先を通り、さらに神話の里へと進んでいく。

眠たげな空に霊峰富士は浮かび上がり、浜名湖はまぶしく、三河の風景には新鮮さと再会があった。

名古屋駅構内の人波に敬意を。
あの雑踏にいることはキラいじゃない。

12月の神島での記憶も鮮やかな鳥羽行きの快速列車が名古屋を出て、しばらく経つ。

日本有数の大都市のホームに、ディーゼル車両の一部有料列車が出発を待つ様に、この国が持つ地域の多様性を感じてビールを開けた。

弥冨を過ぎると、伊勢湾に流れ込む木曽三川が次々に現れる。
まずは木曽川。

長島デルタ地帯を経て長良川。
設置当初に物議をかもした河口堰が見える。

そして長良川に接する揖斐川。

恋人のような友達と日々の通信を楽しみ、負念の対象だった人との夢を見る日々。

馴染みの鑑定師からの案内で、海を統べる神「須佐之男命」との縁を結ぶことに決めた。

13:04 多気(たき)駅(紀勢本線/参宮線 三重県)
伊勢鉄道を経由する快速列車で小さなターミナル駅に着く。
この駅でこの列車を降りる。

彼女からメッセージが届いている。
恋人のような彼女との大人の恋は、冬を越えて春へいく。

どこまでいく。
やめたくない。

駅前のヤマザキのお店にはいつもお世話になっている。
紫に髪を染めたおかみさんは変わらずお元気そうで、12月には二言三言を交わしたが、ルーペ越しに読んでおられた記事が気になるのか、すぐに目を落としてしまった。

待合室でこれを書いている。
新宮行が着いた。

彼女からの便りは列車の中で開く。

13:50 川添(かわぞえ)駅(紀勢本線 三重県)
行き違いで5分の停車。

多気では埋まっていた長椅子が徐々に空いてくる。

旅行者を除き、やがてすべての乗客が入れ替わるだろう。

多気からたいして変化のない里が続いている。

確かにこんな駅だった。

この駅に降りるのは二度目になる。
前回もこうして列車行き違いによる停車に乗じて外に出た。



そうしたわずかな時間に降りた駅は100は優に超えているだろう。
ろくに数えたことはないが。

そんな人生を50年続けてきたオレを、呆れるよりは誇りに思いたい。

この里山ではやけに花粉に反応する。

14:02 三瀬谷(みせだに)駅(紀勢本線 三重県)
川添からひと駅。
時間調整による6分の停車。

近隣の名所として、伊勢神宮内宮に属する滝原宮が挙げられている。

この駅に降りるのも二度目になる。

あの高速道路、紀勢自動車道を眺めたかつてを思い返すことはなかったが、再びこの場所に立てたことは深く感じ入っていた。



10人に満たないほどの高校生が降りて、車内はより閑散となった。

Facebookで知り合ったアメリカの友人が、国際詐欺団の一味だと気づいてシャットアウトした朝を思い返していた。

グーグル翻訳を駆使した会話は成り立ち、お互いブラザーと呼びかけ、毎日無事でいることを喜びあっていた。

そんな関係を築けた友人だと思っていたんだ。

日本人の奥さんと娘を不幸な交通事故で亡くして、一人残った息子をこよなく愛するシリア駐在のハンサムな軍医。

今にして思えば、あの写真もどこかからくすねてきたものなのだろう。
どんな顔をしたどこの国の人間かもわかったものじゃない。

不意に金の話を持ち掛けてきたんだ。
友達でいることをやめるボタンを押す時には悲しかったよ。
本当だ。

人間は、同じ人間に対して何という無慈悲なことをするのか。
なぜ人をだましたりするのか。

それでもオレはまだ人を信じている。

たまたま車窓に目をやると三瀬谷ダムが見えた。

関連記事

「鉄旅日記」2013年春【爆弾低気圧襲来日、青春18きっぷで西へ】最終日(和歌山-東京)その2-海老江、野田、吹田、摂津富田、向日町、西大路・・・(東西線、大阪環状線、東海道本線)

鉄旅日記2013年4月7日その2・・・海老江駅、野田駅、吹田駅、摂津富田駅、向日町駅、西大路駅(東西

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】最終日(奈良-東京)-奈良、亀山、桑名、弥冨、富士、沼津(関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2007年2月12日・・・奈良駅、亀山駅、桑名駅、弥冨駅、富士駅、沼津駅(関西本線/東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2014年夏【青春18きっぷで、中国ぶらぶら旅】最終日(呉-東京)-呉、広、竹原、安芸幸崎、松永、東尾道、相生、西相生、比叡山坂本、用宗、富士、沼津(呉線/山陽本線/赤穂線/湖西線/東海道本線)

鉄旅日記2014年8月17日・・・呉駅、広駅、竹原駅、安芸幸崎駅、松永駅、東尾道駅、相生駅、西相生駅

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2・・・美濃太田駅、可児駅、姫駅、下切駅、南木曽駅、田立駅、勝沼ぶど

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その1(東京-岩倉)-蒲郡、三河鳥羽、吉良吉田、西尾、桜町前、新安城、知立、猿投、赤池、豊田市、新豊田(名鉄蒲郡線/名鉄西尾線/名鉄本線/名鉄三河線/名鉄豊田線)

鉄旅日記2015年3月7日その1・・・蒲郡駅、三河鳥羽駅、吉良吉田駅、西尾駅、桜町前駅、新安城駅、知

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日・・・山口宇部空港、宇部新川駅、宇部駅、下関駅、小倉駅、折尾駅、飯塚駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】2日目(新山口-大分)その1-新山口、宇部、居能、雀田、長門本山、小野田、厚狭、新下関、下関、門司、小倉(山陽本線/宇部線/小野田線/長門本山支線/山陽本線/鹿児島本線)

鉄旅日記2009年9月19日・・・新山口駅、宇部駅、居能駅、雀田駅、長門本山駅、小野田駅、厚狭駅、新

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】最終日(魚津-東京)その1-魚津、生地、黒部、電鉄黒部、泊、親不知、越中宮崎、糸魚川、能生、梶屋敷、浦本(北陸本線)

鉄旅日記2014年3月23日その1・・・魚津駅、生地駅、黒部駅、電鉄黒部駅、泊駅、親不知駅、越中宮崎

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】初日(東京-下今市-会津高原尾瀬口-会津若松)その3-鶴ヶ城、七日市、塩川、姥堂、会津若松(只見線/磐越西線)

鉄旅日記2017年12月2日・・・七日市駅、塩川駅、姥堂駅、会津若松駅(只見線/磐越西線) 16:5

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その2-東雲、宮津、天橋立、豊岡、国府、和田山、梁瀬、福知山、西舞鶴(北近畿タンゴ鉄道宮津線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その2・・・東雲駅、宮津駅、天橋立駅、豊岡駅、国府駅、和田山駅、梁瀬駅、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑