*

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その1-西鉄柳川、西鉄久留米、西鉄甘木、甘木、基山、けやき台、原田、桂川(西鉄本線、西鉄甘木線、甘木鉄道、鹿児島本線、筑豊本線)

公開日: : 最終更新日:2020/09/08 旅話 2015年

鉄旅日記2015年8月15日その1
2015・8・15 6:15 西鉄柳川(にしてつやながわ)駅(西鉄本線 福岡県)
言ってみれば街全体が城跡だ。
地図を見てそう思った。
そこかしこにミミズのように水路がうねっている。

昨夜巡った堀端を通って駅へと向かった。
駅前で小心そうな男に写真を撮らせてくれてせがまれ、断れずに彼のデジカメの前に立った。
気になるけど、もう気にしない。

オレは柳川の人間じゃないから正体は掴めないだろうし、街の情報誌か何かに載せるのだろう。
駅に断りを入れたという彼の言を信じてみたい。

西鉄に乗り込んで、筑後平野に日が昇り、聞き馴染みのない駅にひとつひとつ止まっていく。
今日は終戦の日にあたる。

柳川散歩





6:59 西鉄久留米(にしてつくるめ)駅(西鉄本線 福岡県)
眠ったりしながらふと目を上げると穀倉地帯を走っている。
思えば、柳川からずっと変わり映えのしない風景が続いていた。

鹿児島本線を下に見て久留米に入る。
ひとつ手前に花畑という街中とは思えない駅名を持つ特急停車駅がある。

JR駅とは距離を置いたここが久留米の中心街になる。
街に出て、一番街では人っ子ひとり見かけなかった。
それでも大きな街だ。

銀行や役場の待合所を思わせるバスの待合所の脇に0番街と記された箱型の仮設店舗がある。
独特だ。

筑後川を越えると宮の陣に着く。
ここで本線から甘木線へ分岐する。

西鉄甘木(にしてつあまぎ)駅(西鉄甘木線 福岡県)にて

8:03 甘木(あまぎ)駅(甘木鉄道 福岡県)
終点甘木まで西鉄線に乗っていたのはオレを含めて3名だけだった。
残りの2名は若いカップルで、朝の終着駅に気怠く散っていく。

この地には旧国鉄甘木線である甘木鉄道も終着駅を置いていて、今はその停車中の列車に乗り込んでいるわけだが、ここ甘木に2線が乗り入れている理由がよく分からない。
一切の情報を仕入れず、漠然と神話めいた町かと降り立ってみれば、風情あふれる秋月は遠く、甘木は宿場町とのことだが、駅前に特色を見つけることはできなかった。

「卑弥呼の里」「日本発祥の地」と刻まれた石碑が駅前に鎮座している。
この町の説によると邪馬台国はここ甘木で生まれ、後に大和へと移ったという。
黒岩重吾さんも邪馬台国九州説を唱えている。

論争は永遠に続いていくものと思われる。

8:50 基山(きやま)駅(鹿児島本線/甘木鉄道 佐賀県)
甘木鉄道の沿線風景は退屈ではあったが、悪くはなかった。
キリンビールをはじめいくつかの工場が進出していて、廃れ果てた印象を与えなかったことが殊の外よかった。

線路が高架になったと思ったら高速バスの発着所を伴った駅で、次は西鉄との乗換駅でもある小郡。
ここは西鉄の町で、降りてみたいと思うような彩りが車窓から見てとれた。

終点の基山に着く頃、車内にはゆるやかな音楽が流れてきて、とても爽やかな気持ちで駅に降りる。

基山駅前に語れるような色はなかった。

9:05 けやき台(けやきだい)駅(鹿児島本線 佐賀県)
脇をびゅんびゅん走っているのは3号国道。
11年前に羽田から佐賀に下りて、レンタカーで筑豊へと向かう際にここを通っている。

この風景はよく覚えていた。
海も山も川も目を引くものは一切なく、たんたんと鉄道と国道が通された一帯だ。

駅を出ればその名の通り台地上で、新興と思われる住宅街の入口になっていて、犬を連れて散歩する男性のみを見かけた。
退屈してしまい、すぐにホームへと階段を下りる。

9:18 原田(はるだ)駅(鹿児島本線/筑豊本線 福岡県)
筑豊本線の名称は消えた。
桂川までを原田線と称して0番線へと放逐されている。
終着駅の若松、洞海湾は遠くなった。

ともあれ草深い道を往くこの線に分け入るのを楽しみにしていた。

原田は長崎街道の宿場町で、昔も今も国境。
五郎山古墳が駅前通り正面に森を形成している。

なるほど九州は民話の地だ。
甘木での学説をより信じたくなる。

10:02 桂川(けいせん)駅(筑豊本線/篠栗線 福岡県)
装飾古墳とは聞き馴染みのない括りだが、その一端を占める王塚古墳が駅からたいして離れていない場所にある。

サンドイッチを買った売店には「いい人生」と「悪い人生」についての教訓めいた紙が貼られていて、ほんの少しだけ粛然とした気持ちになり、ラジオからは清宮選手で話題の早実の試合が流れている。

原田線は閑散地域で一日に9本のみ運行している。
ここ桂川は篠栗線によって博多に近く、住宅が広がる高架駅を想像していたけど、周囲は田園地帯で、田舎駅といっていい。

関連記事

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その3(東京-岩倉)-太田川、常滑、中部国際空港、上小田井、西春、岩倉(名鉄常滑線/名鉄空港線/名鉄犬山線)

鉄旅日記2015年3月7日その3 19:04 太田川(おおたがわ)駅(名鉄河和線/名鉄常滑

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【朝に宇治を出て、近江鉄道に乗る一日】最終日その2(宇治-東京)-水口、水口石橋、水口城南、八日市、近江八幡、高宮、多賀大社前、彦根(近江鉄道本線/近江鉄道八日市線/近江鉄道多賀線)

鉄旅日記2015年3月22日その2 水口(みなくち)駅(近江鉄道本線 滋賀県)にて

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】最終日(広島-東京)-広島、向洋、東岡山、高島、守山(山陽本線、東海道本線)

鉄旅日記2015年8月15日その2 2015・8・16 0:27 ホテル28広島7014号

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その1-掛川、掛川市役所前、西掛川、天竜二俣、西気賀、寸座、浜名湖佐久米、三ケ日、新所原(天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その1 掛川(かけがわ)駅(東海道新幹線/東海道本線/天竜浜名

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その3(岩倉-東京)-津島、須ヶ口、神宮前、豊明、岡崎公園前、中岡崎、東岡崎、国府、豊川稲荷、豊川(名鉄津島線/名鉄本線/名鉄豊川線)

鉄旅日記2015年3月8日その3 13:12 津島(つしま)駅(名鉄尾西線/名鉄津島線 愛

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その2(東京-岩倉)-三河高浜、碧南、高浜港、亀崎、半田、知多半田、内海、富貴、河和(名鉄三河線/武豊線/名鉄河和線/名鉄知多新線)

鉄旅日記2015年3月7日その2 15:10 三河高浜(みかわたかはま)駅(名鉄三河線 愛

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その2-鷲津、新居町、浜松、新浜松、第一通り、西鹿島、遠州森、円田、遠江一宮、原谷、掛川、安倍川(東海道本線/遠州鉄道/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その2 13:32 鷲津(わしづ)駅(東海道本線 静岡県)

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】初日その1(東京-岩倉)-蒲郡、三河鳥羽、吉良吉田、西尾、桜町前、新安城、知立、猿投、赤池、豊田市、新豊田(名鉄蒲郡線/名鉄西尾線/名鉄本線/名鉄三河線/名鉄豊田線)

鉄旅日記2015年3月7日その1 2015・3・7 10:41 蒲郡(がまごおり)駅(東海

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【ひらパーGo!Go!チケットで行く、京阪旅】初日その1(東京-宇治)-東福寺、祇園四条、伏見稲荷、稲荷、男山山上、八幡市、枚方市、私市、河内森、河内磐船、交野市(京阪本線/男山ケーブル/京阪交野線)

鉄旅日記2015年3月21日その1 2015・3・21 14:00 東福寺(とうふくじ)駅

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その1-新南陽、新山口、阿知須、宇部新川、小野田港、下関、八幡、陣原(山陽本線/宇部線/小野田線/鹿児島本線)

鉄旅日記2015年8月13日その1 2015・8・13 5:37 新南陽(しんなんよう)駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑