*

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】最終日(松本-辰野-天竜峡-岡谷-東京)その2-伊那大島、駒ヶ根、伊那北、岡谷、下諏訪、茅野、山梨市(飯田線/中央本線)

公開日: : 旅話, 旅話 2018年

鉄旅日記2018年10月8日
11:52 伊那大島(いなおおしま)駅(飯田線 長野県)
7分の停車。
坂を少し上がったところにある横断歩道から、行きにも4月にも美しいと感じた家並を写す。



埋まっていた車内は飯田と大島でずいぶんと空いた。

真夏のような信州伊那谷。

心の恋人からの便りじゃ東京は肌寒く、今にも降りだしそうとのこと。

12:40 駒ヶ根(こまがね)駅(飯田線 長野県)
10分の停車。

山岳部隊をあわせてにわかに混み始めた車内。
長い長い伊那路での生活圏は細分化しているのだろう。

車で2度立ち寄ったことがある駒ヶ根駅前。
当時は「駅そば」があったと思うが、今はもうない。

家族4人で旅行をした最後の機会で泊まったのはこの町だったと、後で母親から聞いた。

駒ヶ岳へと延びる坂道が美しい。


13:11 伊那北(いなきた)駅(飯田線 長野県)
行き違い3分の停車。

若者で埋まる車内。
彼等に休日はない。
オレもそうだった。

伊那節と勘太郎の町、伊那。

勘太郎とは北風小僧のことではなく、江戸時代末期に存在した侠客とのこと。
東宝映画の主人公で、彼の人生には国定忠治や水戸天狗党が登場する。

だが、まったく架空の人物らしい。

駅前道路を車は流れ、賑やかそうに見える商店街が日差しに照らされている。
駅の背後には大きなホテルが建っている。

この町で少しのんびりしたり、伊那市駅までの道を歩いてみたい。

14:27 岡谷(おかや)駅(中央本線/飯田線 長野県)
町で唯一の繁華街、童画館通りを歩く。

真夏のような日差しと暑さは高原的な信州の空気を追い払い、駅は若者たちで埋まっている。

列車が3分ほど遅れているようだ。

二人で作った家族が、他の親族も乗せて唯一遠出をしたことがある。

この町の美しいホールに「世界のコバケン」「炎のマエストロ」こと小林研一郎さん率いる楽団がやってきて、親戚となった女性がピアノを弾いた。

その夜は松本に出て、友の店で昨日のように日付が変わっても飲んだ。

この記憶が薄れる頃は、きっとオレは幸せな人生を歩み、考えうる限りですべてがうまくいっている。

14:58 下諏訪(しもすわ)駅(中央本線 長野県)
茅野行に乗って、ここで次の塩山行を待つ。

オルゴール通りを甲州街道まで歩く。

諏訪にいると様々な記憶が蘇る。
あんなこと、こんなこと。
いろいろ出てくる。

諏訪は有賀氏が根づいた土地。

遥かな昔ここにいた遠いご先祖が、おそらくオレを見ている。

役目を終えて駅に払い下げられた御柱にも思いや願いが湧く。
最近は特に神の存在を信じている。

酒ばかり飲んでいるが、気楽な旅を楽しんでいる。


15:20 茅野(ちの)駅(中央本線 長野県)
特急との待ち合わせで11分の停車。

かつて山登りで降りた駅に、再び降り立つ。

「駅そば」が営業している売店前に信州そばが香る。

ウイスキーハイボールとチーズを購入して戻る。
列車はどうも遅れがちのようだ。

発車する。
オレが下りた反対側の出口にも町があった。

あっちにも行っておくべきだったな。

16:57 山梨市(やまなしし)駅(中央本線 山梨県)
塩山行だったので、ここでホリデー快速を待つ。

駅は改装中。
ここでは酒はいい。

駅に着く手前で釜無川を渡る。
そこまで歩く。

街灯が点る街道で、「今日もじきに暮れる」。
ただそれだけを想い、離れる。


居酒屋の灯と、母親に連れられて電車を見にきた小さな子供に心を潤して、次の町へ。

関連記事

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】最終日(鳴子温泉-郡山-東京)-鳴子サンハイツ、川渡温泉駅、槻木駅、道の駅安達、郡山文化センター前、那須公営パーキング、黒磯PA、佐野SA、大井PA、東京町田

車旅日記1998年5月4日 1998・5・4 8:47 鳴子サンハイツ 連休中初めての日

記事を読む

「車旅日記」1997年1月【空しい日々を振り払い、28年目の人生もまた旅。そんな年頭の姿でございます。】-町田、愛甲石田駅、御殿場駅、岩波駅、熱海駅、西湘パーキング、奈良北

車旅日記1997年1月4日 1997・1・4 1:01 東京町田 明かりをつけた部屋にス

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その3-梓橋、姨捨、北長野、三才、直江津(大糸線/篠ノ井線/しなの鉄道/えちごトキめき鉄道)

鉄旅日記2018年2月10日 16:14 梓橋(あずさばし)駅(大糸線 長野県) 乗り継

記事を読む

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】3日目(津軽SA-十和田湖-酒田駅-鳴子温泉)-津軽SA、温川、十和田湖休屋、長木渓谷、道の駅鷹巣、道の駅琴丘、道の駅西目、象潟駅、酒田駅、道の駅戸沢、鳴子サンハイツ

車旅日記1998年5月3日 1998・5・3 5:45 東北自動車道-津軽SA 1087k

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】初日(東京-米原-福井-越前大野)その2-越前花堂、花堂、越前大野、越前大野城(越美北線)

鉄旅日記2018年10月6日 16:33 花堂(なはんどう)駅(福井鉄道福武線 福井県)に

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】2日目(新潟-象潟-田沢湖付近)-道の駅豊栄、道の駅加治川、道の駅朝日、道の駅鳥海、蚶満寺、道の駅西目、八津駅

車旅日記1997年8月14日 1997・8・14 4:35 7号国道‐豊栄(道の駅) 出

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その1-直江津、土底浜、犀潟、虫川大杉、六日町、塩沢(信越本線/北越急行ほくほく線/上越線)

鉄旅日記2018年2月11日 2018・2・11 6:25 直江津(なおえつ)駅(信越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2017年冬【会津へ。会津へ行きたかったのでございます。】最終日(喜多方-会津若松-会津高原尾瀬口-下今市-東京)その3-鬼怒川温泉、東武ワールドスクウェア、上今市、今市、下今市、南栗橋(野岩鉄道/東武鬼怒川線/東武日光線)

鉄旅日記2017年12月3日 15:13 鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅(東武鬼怒川線 

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

鉄旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレは

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】初日(東京-大阪茨木 R246→R1→名神高速)その3-関駅、その後

鉄旅日記1996年5月3日 16:36 関駅 あれから2時間経ってようやくここに戻ってき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その3-河曲、富田浜、河原田、津(関西本線/伊勢鉄道)

鉄旅日記2018年12月22日 18:12 河曲(かわの)駅

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その2-西藤原、あすなろう四日市、内部、日永、西日野、泊、南四日市(三岐鉄道三岐線/四日市あすなろう鉄道内部線/四日市あすなろう鉄道八王子線)

鉄旅日記2018年12月22日 15:08 西藤原(にしふじ

「鉄旅日記」2018年師走【伊勢のいくつもの終着駅に降りまして、神島で2018年最後の満月を眺めたのでございます。】初日(東京-桑名-阿下喜-西藤原-四日市-内部-西日野-津)その1-金町、西桑名、楚原、阿下喜、麻生田、丹生川(常磐線/三岐鉄道北勢線/三岐鉄道三岐線)

鉄旅日記2018年12月22日 2018・12・22 4:3

2018年師走【SNSへの投稿より】今年も暮れゆく東京。そんな3篇でございます。

【2018・12・5 Facebookへの投稿より】 今年も

2018年霜月~師走【SNSへの投稿より】まぶしい草野球、東京晩秋昼下がり、大衆ステーキ、角打ち。そのような記事でございます。

【2018・11・11 Facebookへの投稿より】 今週

→もっと見る

    PAGE TOP ↑