*

「鉄旅日記」2013年春【青春18きっぷで、甲斐駿河途中下車旅】その1-新宿、初狩、笹子、酒折、善光寺、甲斐岩間、波高島、内船、芝川、西富士宮(中央本線、身延線)

公開日: : 最終更新日:2024/06/04 旅話, 旅話 2013年

鉄旅日記2013年3月3日その1・・・新宿駅、初狩駅、笹子駅、酒折駅、善光寺駅、甲斐岩間駅、波高島駅、内船駅、芝川駅、西富士宮駅(中央本線、身延線)

2013・3・3 5:16 新宿(しんじゅく)駅(山手線/中央線/総武線/埼京線/小田急線/京王線/東京メトロ/都営地下鉄 東京都)
あたたかい雛祭りだ。
2週間で季節は随分変わるものだ。

16分の待ち時間があったので気ままに歩いてみる。

足は中央口に向かった。
1987年12月31日。
「ばる~ん」での仕事を終えて友人と立ち寄ったあたりへと向かう。
毎年暮れが近くなると思い出す光景だ。
なぜか美しくもある。
初恋に胸を焦がしていた大人一年目の切ない頃の記憶だ。

あのあたり、中央改札口から甲州街道へと歩いていくあたりのことだが、どこがどう変わったとか分かるわけもなく、欲望の街角をいくつか曲がり駅に戻ると、当時よく聴いていた1980年代の甲斐バンドを口ずさんでいた。

7:21 初狩(はつかり)駅(中央本線 山梨県)
大和屋旅館と初狩郵便局の間を抜け甲州街道へ。

角のローソンで一服。
桂川も旅愁を脱ぎ捨て平凡な姿を晒し、脇にはブルドーザーが置かれている。

霜柱の道を寒風をまとい往く。

茂みからオレを窺っていたのは猫だった。

爽やかな朝ではある。

7:42 笹子(ささご)駅(中央本線 山梨県)
隧道の村で登山客が下りる。
たいていが初老の男たちだった。

峠の風は冷たく、山間に位置する現在の状況を見回し、これが甲州かとあらためて思う。

中央道での天井崩落事故があったのは3ヶ月前あたりか。
賛否はあるが、鎮魂の時は去り、高速で行き交う車の音は絶え間ない。

今日の甲府は東京より気温が高い予報が出ていたけれど。

酒折(さかおり)駅(中央本線 山梨県)にて

善光寺にて

9:10 善光寺(ぜんこうじ)駅(身延線 山梨県)
酒折で降りて聞こえてきたのは駅前のFMステーションからの誰かへ贈るハッピーバースデー。

車通りの多い県道を西へ行きヤマトタケル「東征伝」に登場する酒折宮を右手に過ぎると、ほどなくで善光寺通りに出る。
その先には身延線の高架が見える。
想像以上に近かった。

善光寺の赤い山門が中央本線の高架先に見える。
本堂の偉容に胸を打たれ、賽銭を投じた。

信州信濃からこの地に善光寺を移し、のちに滅びた武田一族に対してささやかに祈った。

小高い場所にある駅からは雪をかぶった南アルプスの美しい姿が見える。

10:02 甲斐岩間(かいいわま)駅(身延線 山梨県)
春の日差しに包まれた車内はあたたかく眠るのに恰好の条件を与える。

雄大な南アルプスは、車窓風景として愛でられる栄誉を他の地元の山々に譲るように姿を隠し、列車はいつしか狭隘な地を走っている。

駅前に特筆すべきものはない。

10:20 波高島(はだかじま)駅(身延線 山梨県)
2分遅れでの運行とみて支障はなさそうだ。

河原が見えてきた。
身延線の景色の中でも出色で、これから長い区間を楽しませてくれる。

駅前にはやはり何もない。

10:52 内船(うつぶな)駅(身延線 山梨県)
山梨県南巨摩郡南部町。
県境が近い。

今まで気づいていなかったが、寄り添うのは富士川か。

信玄餅の幟がはためく駅前通りには上品な構えの土産物屋とジンギスカンの看板を掲げる食事処が営業していた。

特急の停車駅でもある駅舎の天井は高く、ちょっとしたコンサートホールを思わせ、駅前通りを振り返ると南アルプスの端が覗いていた。

11:29 芝川(しばかわ)駅(身延線 静岡県)
富士宮に入り、駅横には工場の白煙が上がっている。

富士川には数多くの手が入れられ自然な姿を発見することができない。

2、3の商店が車窓から散見できたこともあり、橋まで往復5分の距離を歩く。
電気屋から聞こえてきたのはJ-WAVE。
理髪店に懐かしさを覚えた。

富士宮の地図には平維盛の墓の所在や、織田信長公首塚なるものの存在が記されていた。
土地土地に様々な伝説があるものだ。

駅舎は存在しなかったけど、春の日差しもあって、気候的にもまた人情的にもあったかそうな町だったよ。

11:57 西富士宮(にしふじのみや)駅(身延線 静岡県)
富士の裾野に広がる真っ平らな富士宮の街は白く美しかった。
夜景もさぞかし見事なことだろう。

12時の時報とともに爆竹が弾ける音が聞こえた。

西富士宮に降りるのは2度目になる。

前回あのアーケードを歩いたのは覚えている。
そのアーケードがあんなに先まで続いている記憶はなかった。
先端はまるで蜃気楼のようだった。

霊峰富士山は今日も見えない。
オレにとって近づくと見えなくなる存在として最たるものらしい。

シティホテルの1階テナントは空いていた。

関連記事

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】最終日(直江津-六日町-大前-東京)その3-金島、中之条、川原湯温泉、大前、羽根尾、高崎問屋町(吾妻線)

鉄旅日記2018年2月11日・・・金島駅、中之条駅、川原湯温泉駅、大前駅、羽根尾駅、高崎問屋町駅(吾

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】初日(東京-新大宮)その1-近鉄富田、富田、近鉄四日市、湯の山温泉、伊勢若松、平田町、鈴鹿市、鳥羽、賢島(名古屋線/湯の山線/鈴鹿線/山田線/鳥羽線/志摩線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄富田駅、富田駅、近鉄四日市駅、湯の山温泉駅、伊勢若松駅、平田町

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日・・・松任駅、小松駅、あわら湯のまち駅、三国港駅、福大前西福井駅、田原町

記事を読む

「鉄旅日記」2007年新春【本格的に鉄旅が始まりまして、まずは冬の北陸を目指したのでございます。】初日(東京-高岡)-東京、岐阜、美濃太田、下呂、高山、角川、猪谷、富山、高岡(東海道新幹線/高山本線/北陸本線)

鉄旅日記2007年1月6日・・・東京駅、岐阜駅、美濃太田駅、下呂駅、高山駅、角川駅、猪谷駅、富山駅、

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】3日目(田沢湖近辺-男鹿半島-鳴子)-和田駅、入道崎、八望台、男鹿駅、道川駅、矢島駅、鳴子サンハイツ

車旅日記1997年8月15日 1997・8・15 9:04 和田駅 855㎞ 友と19時間をとも

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その2-三つ峠、塩山、酒折、塩尻、新島々、西松本、松本(富士急行/中央本線/アルピコ交通上高地線)

鉄旅日記2018年2月10日・・・三つ峠駅、塩山駅、酒折駅、塩尻駅、新島々駅、西松本駅、松本駅(富士

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その1‐東京、国府津、小田原、三島(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・東京駅、国府津駅、小田原駅、三島駅(東海道本線) 2020

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】初日(東京-倉敷)その2-北条町、姫路、播州赤穂、日生、備前片上、西片上、倉敷(北条鉄道/加古川線/山陽本線/赤穂線)

鉄旅日記2009年11月21日・・・北条町駅、姫路駅、播州赤穂駅、日生駅、備前片上駅、西片上駅、倉敷

記事を読む

「鉄旅日記」2013年夏【青春18きっぷで、鹿児島県志布志へ】初日(東京-徳山)穂積、姫路、英賀保、金光、福山、天神川、徳山(東海道本線、山陽本線)

鉄旅日記2013年8月10日・・・穂積駅、姫路駅、英賀保駅、金光駅、福山駅、天神川駅、徳山駅(東海道

記事を読む

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきった若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉)初日-町田、用賀、築地、北松戸、荒川沖駅、美野里パーキング、常陸多賀駅、いわき久ノ浜パーキング

車旅日記1997年7月19日 1997・7・19 19:42 東京町田 さしたる感慨も浮かばない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑