*

「鉄旅日記」2019年弥生Part.3【明知鉄道、名鉄築港線。その2線に乗るために、東海道を下っていったのでございます。】初日(東京-多治見)その4-古虎渓、釜戸、美乃坂本、多治見(中央本線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年3月23日・・・古虎渓駅、釜戸駅、美乃坂本駅、多治見駅(中央本線)
18:23 古虎渓(ここけい)駅(中央本線 岐阜県)
初めて中央本線で名古屋から塩尻に向かって以来、降りてみたかった駅にようやく立てた。
名古屋にほど近い地に、忽然と渓谷美が現れたあの日の衝撃は忘れていない。

2年前の夏にもここにいるはずだったけど、列車の遅れで叶わなかった。

土岐川に沿う古虎渓から定光寺にかけての渓谷ルートは桜の名所だという。

橋の上から眺めた古虎渓は特別な景色ではないけれど、旅の者の目を楽しませるものは持っている。

まだ明るさの残るうちにここにこれてうれしい。


19:16 釜戸(かまど)駅(中央本線 岐阜県)
薄着の美濃人が寒いとこぼす。
昨日は暖かかったが、あの暖気は列島全体に及んでいたらしい。

中山道ゆかりの名所を紹介する案内板を眺め、宵闇の下りた村へと歩く。


古街道の趣はどこにも負けないほどの風格を闇の中に現出し、川辺へと通じる階段を下りて腰かけてみれば、春にも風流はあるのだとしばしたたずむ。

薄暗がりの川辺は彼岸を感じさせた。
ちょうどそんな時季でもある。

彼女から便りが届いている。
まだ開けていない。

こんなにも密に愛の言葉を交わし合う関係を、オレはこれまで知らずに生きてきた。

19:52 美乃坂本(みのさかもと)駅(中央本線 岐阜県)
ここでも待ち人が寒いとこぼす。
寒くないわけじゃないが、覚悟している寒さではある。

それにしても確かに美濃の夜は冷える。

この駅に降りる前からホームにたむろしていた異邦人の群れがいる。
こんなに暗くなったんじゃ、一番明るい場所はここなのかもしれない。
煙たく思ったりしないよ。

食堂の明かりがつく駅前には心が弾んだ。
人の営みが明かりとなる。
そんな光景に安心する。

改札をくぐると明かりは食堂だけのもので、すぐに尽きていた。
それでもこの駅を恋人との想い出とともに、いつまでも記憶しているだろう。

これで中央本線名古屋~中津川間のすべての駅に降りたことになる。

今夜の宿泊地の多治見に戻る。

20:44 多治見(たじみ)駅(中央本線/太多線 岐阜県)にて

22:13 ホテルトーノー613号
陶都多治見に夜降りるのは初めてになる。

ささやかな夜の明かりが灯る街をふらつくと、このホテルはすぐに分かった。

隣の焼鳥屋のメニューにラーメンの文字を見つけてさらに物色していると、ふっくらとした笑顔のかわいらしい女性に入店を促され、熱燗2本につまみ2品、締めにラーメン。

土岐川が流れる陶都大橋に出て、月見。
多治見の夜をすっかり気に入って、じきに寝ようとしている。

恋人ができたあとの初めての旅。
抱えている事情は複雑だけれど、それでもよくて、様々な愛を神々は祝福していると思っている。

彼女と一緒に暮らすことはできない。
でもソウルメイトでいることを神は否定しない。

春の宵とは本来冷たいものよとFbに投稿して店を出たら、冷たい空気は去ってほんのりと暖かみを感じる宵となっていた。

京都でそんな宵を過ごしたのもまた3月。
あれはもう19年も前のことになる。

明日の朝このホテル自慢の朝食をたらふく食べたら、この街を離れる。

【Facebookへの投稿より】
一番列車に乗って西へ向かいました。

相模、伊豆、駿河、遠州、三河と、冬の名残を思わせる空気の冷たさと時折の雨に凍えもいたしましたが、尾張に入りますと日差しに満ちて暖かく、人気のない名古屋東港で爽やかな夕暮れを迎えたのでございます。

今夜の宿場、「陶都」多治見に向かっております。

夜になって、また冷えてまいりましたが、春の宵とは本来このようなものでございます。

関連記事

「鉄旅日記」2015年春【名鉄電車2DAYフリーきっぷで行く、中京旅】最終日その3(岩倉-東京)-津島、須ヶ口、神宮前、豊明、岡崎公園前、中岡崎、東岡崎、国府、豊川稲荷、豊川(名鉄津島線/名鉄本線/名鉄豊川線)

鉄旅日記2015年3月8日その3・・・津島駅、須ヶ口駅、神宮前駅、豊明駅、岡崎公園前駅、中岡崎駅、東

記事を読む

「鉄旅日記」2019年如月【週末パスで東京から伊豆。そして上州、信州へ。友人は言ったものでございます。何気に大層な移動距離だと。】最終日(安中-東京)その1-安中、松井田、西松井田、横川、軽井沢、大屋(信越本線/しなの鉄道)

鉄旅日記2019年2月10日・・・安中駅、松井田駅、西松井田駅、横川駅、軽井沢駅、大屋駅(信越本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その2‐新白河、郡山、福島、仙台(東北本線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・新白河駅、郡山駅、福島駅、仙台駅(東北本線) 8:20 新白河(し

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】3日目(仙台-山形-大曲)その1-ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、蔵王駅、北大石田駅、舟形駅

車旅日記2006年5月4日・・・ホテルイーストワン仙台、陸前落合駅、愛子駅、作並駅、山寺駅、高瀬駅、

記事を読む

「鉄旅日記」2009年皐月【四国へ、途中下車の旅】初日(東京-三ノ宮)-金町、東京、静岡、浜松、弁天島、大垣、美濃赤坂、石山寺、膳所、尼崎、西宮、芦屋、三ノ宮(東海道本線、美濃赤坂支線、京阪石山坂本線)

鉄旅日記2009年5月1日・・・金町駅、東京駅、静岡駅、浜松駅、弁天島駅、大垣駅、美濃赤坂駅、石山寺

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その1‐酒田、象潟、砂越(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・酒田駅、象潟駅、砂越駅(羽越本線) 2019・12・8 5:34

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】初日(東京-下北)その2-村崎野、六原、盛岡、八戸、野辺地、下北(東北本線、いわて銀河鉄道線、大湊線)

鉄旅日記2016年3月19日その2・・・村崎野駅、六原駅、盛岡駅、八戸駅、野辺地駅、下北駅(東北本線

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】3日目(大分-佐賀)その2-大牟田、銀水、西鉄銀水、瀬高、荒木、久留米、鳥栖、佐賀(鹿児島本線/長崎本線)

鉄旅日記2009年9月20日・・・大牟田駅、銀水駅、西鉄銀水駅、瀬高駅、荒木駅、久留米駅、鳥栖駅、佐

記事を読む

「鉄旅日記」2014年春【青春18きっぷで、丹後若狭から北陸、信州へ】初日(東京-西舞鶴)その1-西岐阜、京都、二条、日吉、胡麻、下山、和知、綾部、高津(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2014年3月21日その1・・・西岐阜駅、京都駅、二条駅、日吉駅、胡麻駅、下山駅、和知駅、綾

記事を読む

「鉄旅日記」2014年冬【まるごと日光・鬼怒川 東武フリーパスで、野州旅】最終日(鬼怒川温泉-東京)-小佐越、大桑、大谷向、下今市、西新井、大師前(東武鬼怒川線/東武大師線)

鉄旅日記2014年12月7日・・・小佐越駅、大桑駅、大谷向駅、下今市駅、西新井駅、大師前駅(東武鬼怒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑