*

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】初日(東京-盛岡)その1-金町、水戸、上菅谷、常陸大子(常磐線/水郡線)

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 2019年

鉄旅日記2019年9月21日・・・金町駅、水戸駅、上菅谷駅、常陸大子駅(常磐線/水郡線)
2019・9・21 5:24 金町(かなまち)駅(常磐線 東京都)
東へ向かう列車がやってくるのは秋を迎えた5時過ぎ。

朝は開けて、空は曇り。
空気には若干の湿り気がある。

家の近くで大声を上げていた若者たちの姿はすでになかった。

金町から江戸川を越えてひと駅。
松戸で5:30発勝田行快速列車に乗り換える。

車内は外気のように湿り、蒸し暑さを感じる。
景色は徐々に鄙びていき、2週間前の台風被害から未だに立ち直れていない千葉という土地を想う。
久留里線はあの日から止まったまま、まだ運転を再開していない。

列車は柏に停車してさらに乗客を増やしている。
天王台を過ぎれば県を跨ぐ。

3連休初日、人々はどこへ向かうのか。
オレの興味はいつもそこをめぐる。

じきに利根川を越える。
オレはこのまま水戸まで。

買い置きのウイスキーハイボールを空けた。
自然に眠りに落ちるまで、この愛すべき空間で愛すべき時を生きる。

恋人にメールを送る内に列車は利根川を渡り、左側に腰かける目に筑波山が映る。
常磐線からあの山が見えるのか。
確かにたいした距離じゃない。
でも新鮮な感動を覚えた。

これが旅だ。

7:13 水戸(みと)駅(常磐線/水郡線/水戸線/鹿島臨海鉄道 茨城県)
肌寒さを感じた水戸の朝。
東京よりも季節は進んでいる。

これからみちのくへ向かう荷物には長袖は含まれていない。
たいした不安じゃないが、東から西へと駅を行き来する脳裏をよぎる。

水戸駅にはこれまでに何度も降りているが、助さん格さんを従えた黄門様の銅像があることに初めて気づいた。

この先も馴染みの街で様々な気づきを得るだろう。
とても楽しみだ。

水戸までの車中、計画していた眠りは訪れず、むしろその自然を楽しみつつ鱗雲が浮かぶ青空を眺めていた。

車寅次郎は晩年を幼稚園の用務員として過ごし、園児たちに慕われ、ある晴れた過ごしやすい日にかくれんぼをする。

子供たちの可愛らしい声が聞こえる中、見つからないようにこっそりと隠れて同じように空を見る。

恋をした女性や柴又の情景も浮かぶだろう。
うっすらと笑みを浮かべながらやがて目を閉じる。

それから先、その目が開くことはなかった。

山田洋次監督が構想した偉大なる自由人の往生の様は、そういうものであったらしい。

なぜかそんなことが頭に浮かび、いつの間にか少し目を閉じていた。
そしてオレもそんな最期であればいいと思っていた。

車中から眺める偕楽園も素晴らしく、夏の栗林公園を思い出していた。

7:28に水戸を出た水郡線郡山行は中菅谷に到着している。

雨の予感のなかった常陸の路だが、ところどころで濡れた町を目にしている。

7:51 上菅谷(かみすがや)駅(水郡線/常陸太田支線 茨城県)
常陸太田線との分岐駅で行き違い5分の停車。

水戸から乗っていた日経新聞に目を通す女性や、目付きの鋭い水商売風の女性も降りる町。

彼女たちの後ろ姿を追いながら改札を抜けて駅を写す。

この駅でそうするのも5度にはなるだろう。
これも縁というのだろう。

恋人から返信が届いた。
目にしたなら、しばらく眠ってもいい。

9:04 常陸大子(ひたちだいご)駅(水郡線 茨城県)
行き違いと列車切り離しで14分停車。

この駅は暮れかけの景色しか知らなかったことに今気づいた。
広場に置かれたD51に気づいたのも今日が最初になる。

D51はオレにとって過去の記憶を呼び起こすようなものではないが、目にすれば常に何事かを感じる偉大なる構造物だ。

駅正面に駅そばがあり、出汁の香りが漂っている。
心引かれるが、時間はない。

ヤマザキの店に酒はなく、駅前の酒屋へ。

「山ですか?」と聞かれる。
「郡山へいきます」。

会話は途切れる。
でもこれもまた縁。

常陸大子に降りる度に真っ先にあの酒屋を目指すだろう。
いつまでも続いていることを願う。

列車は福島県に入っている。

久慈川ラインを謳う水郡線の最大の見どころは常陸大子から2駅先の矢祭山。
いつか降りると誓う。

関連記事

「鉄旅日記」2013年如月【休日おでかけパスで、上総下総途中下車旅&習志野シンフォニックブラス(NSB)演奏会】その1-我孫子、東我孫子、新木、湖北、布佐、小林、木下、安食、下総松崎、成田空港、酒々井、物井、東千葉、本千葉、西千葉、新検見川、幕張、東船橋、津田沼(成田線、総武本線)

鉄旅日記2013年2月17日その1・・・我孫子駅、東我孫子駅、新木駅、湖北駅、布佐駅、小林駅、木下駅

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日・・・東京駅、大垣駅、米原駅、長浜駅、敦賀駅、鯖江駅、西鯖江駅、大聖寺駅

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その1-天王台、植田、泉、いわき、富岡(常磐線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・天王台駅、植田駅、泉駅、いわき駅、富岡駅(常磐線) 2019・3・

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】最終日(善通寺-東京)-善通寺、多度津、丸亀、坂出、岡山、京都、野洲、東京葛飾(土讃本線/予讃本線/本四備讃線/山陽本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年5月6日・・・善通寺駅、多度津駅、丸亀駅、坂出駅、岡山駅、京都駅、野洲駅(土讃本線

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】初日(東京-出雲)-静岡、豊橋、京都、亀岡、福知山、上夜久野、豊岡、浜坂、鳥取、青谷、倉吉、米子、出雲市(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2008年5月2日・・・静岡駅、豊橋駅、京都駅、亀岡駅、福知山駅、上夜久野駅、豊岡駅、浜坂駅

記事を読む

「鉄旅日記」2018年エイプリルフール【8年振りに金町に帰ってまいりました。青春18きっぷはまだ3日分残っております。呼んでくれたのは会津でございました。】その1-金町、上野、鹿沼、日光、東武日光、宇都宮、野崎(常磐線/東北本線/日光線)

鉄旅日記2018年4月1日・・・金町駅、上野駅、鹿沼駅、日光駅、東武日光駅、宇都宮駅、野崎駅(常磐線

記事を読む

「鉄旅日記」2019年弥生Part.2【青春18きっぷ常磐旅。この当時、常磐線は富岡止まりでございます。そしてこの季節、臨時駅の偕楽園駅に列車が止まります。】その2-湯本、内郷、水戸、偕楽園、下菅谷、中菅谷(常磐線/水郡線)

鉄旅日記2019年3月10日・・・湯本駅、内郷駅、水戸駅、偕楽園駅、下菅谷駅、中菅谷駅(常磐線/水郡

記事を読む

「鉄旅日記」2020年如月【東日本大震災で被害を受けた大船渡に泊まりにまいりました。山田線完全乗車も目指しておりましたが・・。】初日(東京-大船渡)その4‐前谷地、志津川、南気仙沼、気仙沼(気仙沼線)

鉄旅日記2020年2月22日・・・前谷地駅、志津川駅、南気仙沼駅、気仙沼駅(気仙沼線) 14:21

記事を読む

「鉄旅日記」2009年秋【遅い夏休みをとり、長崎までの切符を買いました。】初日(東京-新山口)その2-廿日市、広電廿日市、宮島口、広電宮島口、大竹、岩国、徳山、新山口(山陽本線/岩徳線)

鉄旅日記2009年9月18日・・・廿日市駅、広電廿日市駅、宮島口駅、広電宮島口駅、大竹駅、岩国駅、徳

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】初日(奈良-高野山-南紀白浜)走行距離204㎞ -橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、龍神、南紀白浜

車旅日記2003年11月22日・・・橿原かっぱ寿司、橋本駅、九度山駅、高野山大伽藍、高野山金剛峰寺、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その6‐上川口、養父、豊岡、香住(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・上川口駅、養父駅、豊岡駅、香住駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その4‐太秦、撮影所前、帷子ノ辻、保津峡、千代川(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・太秦駅、撮影所前駅、帷子ノ辻駅、保

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その3‐米原、京都、梅小路京都西、丹波口、花園(東海道本線/山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・米原駅、京都駅、梅小路京都西駅、丹

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その2‐静岡、浜松、豊橋、名古屋、大垣(東海道本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・静岡駅、浜松駅、豊橋駅、名古屋駅、

→もっと見る

    PAGE TOP ↑