*

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】初日(東京-京都-出雲)-静岡、豊橋、京都、亀岡、福知山、上夜久野、豊岡、浜坂、鳥取、青谷、倉吉、米子、出雲(東海道本線/山陰本線)

公開日: : 旅話 2008年

鉄旅日記2008年5月2日
2008・5・2 1:59 静岡(しずおか)駅(東海道新幹線/東海道本線 静岡県)
雨が上がった東海路。
今頃は東京が濡れている。

恋人が持たせてくれた芝大明神のお守りは鞄の中。
これがあってよかったと思う。

明日は満席になるであろう「ムーンライトながら」号も、今夜は平日の入り。
でも喫煙所に集まる人数は、いつでも大体あんなもの。

4:39 豊橋(とよはし)駅(東海道新幹線/東海道本線/飯田線/名鉄本線 愛知県)
お騒がせな男のせいで遅れたこの列車も、浜松で停車時間の調整が行われ、正常に戻った。

勝手知ったる豊橋の街。
懐かしさはない。

去年と同じように同じ場所でおにぎりを購入。
今朝は酒はいらない。

空が明るくなってきた。
雨上がりの街は冷気に包まれている。

三河湾はこの時間帯でも見えるものか。

6:39 岐阜駅を過ぎて
一瞬のうちに名古屋からの乗客が消えて、尾張一宮駅の煤けた駅舎の姿もまた消えて、車窓から何度も眺め、その姿に惚れていた木曽川駅舎は廃墟となっていて、木曽川を渡ると右手に岐阜城が見えてくる。

岐阜駅前の工事は終わっただろうか。

長良川を渡る。
終点の大垣が近づいてくる。

8:40 京都(きょうと)駅(東海道新幹線/東海本線/山陰本線/奈良線/湖西線/近鉄京都線 京都府)
近江娘に目を奪われ、そして三島由紀夫の「豊饒の海」4部作。

立ちっ放しだった。
朝のラッシュ時の京都人の流れには、東京のような殺伐さはないが、山陰本線のホームに向かうオレを迎えたのは、到着した丹波人が走ってくる様だった。

京都言葉で話す少女たち。
そして記憶のアルバムに、かつて恋人と別れのキスを交わした烏丸口改札口が加わった。

9:31 亀岡(かめおか)駅(山陰本線 京都府)
京都駅を出ると右手に東山を眺める。

いつ見ても胸が熱くなる。

かつてオレがいた場所。

そしてそれからの風景を眺めた。

京都の奥座敷。
菜の花の園を見ている。

名勝保津峡を過ぎると丹波の国。
駅名の雅風はまだ消えない。

11:21 福知山(ふくちやま)駅(山陰本線/福知山線/舞鶴線/北近畿タンゴ鉄道宮福線 京都府)
園部駅は町外れにあって、かつて通った9号国道沿いの園部の賑わいはなく、古ぼけた列車は日本古来の里山風景が続く丹波盆地を往く。

まだ京都に縁があった頃に、川向うに通じる9号国道から眺めた鄙びた風景。
その風景に参加しながら、北へ向かった。

京都北都に着いた。

京都を出てから久々に現れた街。
川を渡ると城が見える。

駅舎が変貌したことは知っていた。
行き来する列車以外のすべてが新しかった。

11:52 上夜久野(かみやくの)駅(山陰本線 京都府)
9号国道の風景を覚えている。

盆地は狭まり、風景に変化が現れた。
但馬国が近い。

駅舎も持たないようなこの駅から、3名の外国人が乗ってきた。

12:52 豊岡(とよおか)駅(山陰本線/北近畿タンゴ鉄道宮津線 兵庫県)
養父、八鹿、国府。
古い町名を持つ道を進んできた。

あの堤の先には思い出の由良川が流れる。
もはや何年前のことだったか忘れた。

美味い「駅そば」だった。
格式を持つ大きな駅に、但馬色をしたディーゼル車が入線する様には誰もが郷愁を覚えるだろう。

じきに城崎温泉に着く。

城崎温泉(きのさきおんせん)駅(山陰本線 兵庫県)にて

14:25 浜坂(はまさか)駅(山陰本線 兵庫県)
竹野、香住、久谷、鎧、餘部。
右手に日本海が見え始めると車内がざわついた。

余部鉄橋からの眺めは壮観だった。
橋の下では、列車が往く様を見上げる姿がある。

海水浴と松葉ガニを売りにする港町の風情に惹かれる。
「鉄子」のコーナーがある。

浜坂駅前には枯れたような旅情がある。

小説の舞台のような風景の中をこのまま鳥取まで。

15:26 鳥取(とっとり)駅(山陰本線/因美線 鳥取県)
日本海からは徐々に離れて里山へ。
眠ってしまった。

里山から唐突に線路は高架を走り、鳥取市内に入る。

駅に降りるとあたたかかった。

「砂丘そば」美味かったよ。

そして千代川を渡り街を離れる。

駅周辺をうろついたのは4度目になるが、またしてもそっと離れる。

16:31 青谷(あおや)駅(山陰本線 鳥取県)
因州の習俗に慣れないまま「紙と海の町」へ。

美しい海に白い砂浜。
誰もいない。

ここらあたりの浜辺の砂は、「泣き砂」だと町の地図にはある。


海岸線は9号国道。
車通りの極端に少ない一帯だった。

かつてオレも2度ばかりここを通り過ぎている。
そんな記憶が蘇る。
こんなに遠くまでくれば、それも当り前だけれど。

17:08 倉吉(くらよし)駅(山陰本線 鳥取県)
確かに駅から繁華街は離れているようだ。

この街で遊ぶのなら温泉か。
歓迎三朝温泉。
駅にそうした立て看板がある。

パチンコ屋に銭湯。
駅前にあったのは潰れていた。

味わい深い駅舎だ。
街に着いたことを教えてくれる、格式のある駅舎だ。

最近の倉吉北高校はどうした?
しばらく甲子園で姿を見ていない。

子供たちは、その話す方言も含めて愛らしい。
立派に育ってほしい。

18:43 米子(よなご)駅(山陰本線/伯備線/境線 鳥取県)
山陰本線の車窓からは日本海が眺められる。
9号国道じゃ、確かああじゃなかったはずだ。

弱い西日を浴びながら伯耆の国へ。
米子へ。
大山はもう少し様子のいい山だと記憶していたが、見る角度によるのだろう。

米子に降りたのはちょうど一年前。
当時開業していなかったビジネスホテルが存在感を放っていた。

今日も街に下りる時間が持てればよかったけれど。

西国の日はなかなか沈まないが、宍道湖は判別できるだろうか。
できるとうれしい。

22:30 スーパーホテル出雲駅前513号
「豊饒の海」はまだ序盤。
小説の展開も楽しみにできる。

この旅の長さを想う。
それこそ果てしない気持ちになる。
明日の柳井到着は22時前後を見込んでいる。

ここから先へ行く人は減っていくのだろう。
がらがらの下り列車に対して、上りは混雑していた。

鳥取、米子、松江。
大舞台とまでは言わないが、かつて舞台に上がった街だ。
少し寂しい。

駅前は閑散としているが、出雲駅前の風情は気に入っている。
気持ちよく酒も飲んだ。
刺身の量も多いし、出雲そばも美味。

駅前に立つ大鳥居も素晴らしい。
出雲という国の神域の広大さを想う。

去年の「無限カノン」3部作に、今年の「豊饒の海」4部作。
旅のスタイルができた。

ひょんなことから付き合うことになった恋人を愛している。
「彼女」と表現してきた女性が別にいるけど、恋人を愛している。

関連記事

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09 東京(とうきょう)駅(東海道

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】3日目(柳井-岡山-高松-鳴門-徳島)-柳井、大畠、西条、岡山、高松、高松築港、オレンジタウン、引田、池谷、鳴門、徳島(山陽本線/瀬戸大橋線/高徳本線/鳴門線)

鉄旅日記2008年5月4日 2008・5・4 8:55 柳井(やない)駅(山陽本線 山口県

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 羽咋(はくい)駅(七尾線 石川

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その1-徳島、中田、旧小松島駅、南小松島、阿南、牟岐、海部、甲浦(牟岐線/安佐海岸鉄道)

鉄旅日記2008年5月5日 2008・5・5 7:41 徳島(とくしま)駅(高徳本線/徳島

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにしかなざわ)駅(北陸鉄道石川線 

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 松阪(まつさか)駅(紀勢本線/

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-京都-奈良-高田-和歌山)その2-畝傍、高田、大和高田、近鉄郡山、郡山、王寺、五条、和歌山(桜井線/近鉄大阪線/近鉄橿原線/和歌山線)

鉄旅日記2008年7月19日 15:03 畝傍(うねび)駅(桜井線 奈良県) 歴史的な駅

記事を読む

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】初日(東京-京都-奈良-高田-和歌山)その1-浜松、豊橋、大垣、京都、六地蔵、城陽、京終、帯解、天理、桜井(東海道本線/奈良線/桜井線)

鉄旅日記2008年7月19日 2008・7・18 23:12 東京駅を出て 残した仕事は

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】4日目(徳島-甲浦-徳島-善通寺)その2-海部、桑野、阿南、穴吹、佃、琴平、善通寺(牟岐線/徳島本線/土讃本線)

鉄旅日記2008年5月5日 13:16 海部(かいふ)駅(牟岐線/安佐海岸鉄道 徳島県)に

記事を読む

「鉄旅日記」2008年皐月【旅は京都から始まり、山陰から下関へ。そして四国へと渡ったのでございます。】最終日(善通寺-多度津-岡山-東京)-善通寺、多度津、丸亀、坂出、岡山、京都、野洲、東京葛飾(土讃本線/予讃本線/瀬戸大橋線/山陽本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年5月6日 2008・5・6 6:16 善通寺(ぜんつうじ)駅(土讃本線 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その2-松任、小松、あわら湯のまち、三国港、福大前西福井、田原町、福井(北陸本線/えちぜん鉄道三国芦原線/福井鉄道福武線)

鉄旅日記2008年9月14日 13:03 松任(まっとう)駅

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】2日目(羽咋-穴水-金沢-内灘一三国港-福井)その1-羽咋、七尾、穴水、和倉温泉、北鉄金沢、内灘、粟ヶ崎、金沢(七尾線/のと鉄道/北陸鉄道浅野川線)

鉄旅日記2008年9月14日 2008・9・14 6:40 

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その2-新西金沢、野町、加賀一の宮、西金沢、羽咋(北陸本線/北陸鉄道石川線/七尾線)

鉄旅日記2008年9月13日 15:19 新西金沢(しんにし

「鉄旅日記」2008年初秋【秋になると北陸に行きたくなるものでございます。能登半島をはじめ、いくつもの終着駅へと行き着いたのでございます。】初日(東京-米原-野町-加賀一の宮-羽咋)その1-東京、大垣、米原、長浜、敦賀、鯖江、西鯖江、大聖寺、加賀温泉(東海道本線/北陸本線)

鉄旅日記2008年9月13日 2008・9・12 23:09

「鉄旅日記」2008年初夏【まほろばの路から紀州へ。紀伊半島で過ごした短い夏の記憶でございます。】最終日(松阪-鳥羽-伊勢-東京)-松阪、鳥羽、伊勢市、宇治山田、亀山、名古屋、名古屋、豊橋、浜松、熱海(近鉄山田線/参宮線/紀勢本線/関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2008年7月21日 2008・7・21 8:11 

→もっと見る

    PAGE TOP ↑