*

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】4日目(富良野-大館)その1-富良野、滝川、岩見沢、白石、新札幌、北広島、恵庭、千歳、新千歳空港(根室本線/函館本線/千歳線/石勝線)

公開日: : 旅話 * 結婚後2016年

冒険家志望のあなたへ【1話】

 

鉄旅日記2016年8月13日
2016・8・13 6:12 富良野(ふらの)駅(根室本線/富良野線 北海道)
ラベンダー畑の富良野。
ドラマ「北の国から」の舞台。

どちらもオレには縁がない。

冷房をかけずに眠れる街だった。

北海道のど真ん中、つまりへその位置にあるということで、「北海へそ踊り」、「へそ歓楽街」と妙なものを持ちだして街を宣伝している。

ここに来なければ知るよしもないことだ。

10分も歩けば十分な駅前だった。
公園で一夜を明かした自転車旅のカップルが水道で顔を洗っていた。

今日は富良野の花火大会。
会場の空知川はどこを流れる?

ファイターズの2軍一座ももうすぐ富良野にやってくる。

富良野駅周辺風景

7:54 滝川(たきかわ)駅(函館本線/根室本線 北海道)
途中の芦別は降りてみたい街だった。

空知川は根室本線に沿ってここ滝川へと流れていた。

到着を前にして汽笛の音を聞いた。

昨日急いで街に入り、すぐに離れた滝川。

スマイルビルだけが頭に残っていた。
あのビルは正常に機能しているのか。
それとももはや廃墟なのか。

探りつつ、おおかた何もないだろうと歩き始めたらスマイルビルの脇から三楽街までアーケード街が延びていた。

高林デパートほか無残な姿を晒したまま未だに商店街に加わっているものもあるが、歩けてよかったよ。

昨日の印象のまま街を離れていたら大変な失敗を犯していた。
滝川にも、どうにか街として生き残っていって欲しい。

駅前ターミナルを改造中だったけど、どうかホテルも用意してほしい。

滝川駅周辺風景

8:57 岩見沢(いわみざわ)駅(函館本線/室蘭本線 北海道)
4年ぶり3度目の岩見沢。
滝川から乗った列車が岩見沢行だった。

2度目はもう4年前のことになるのか。
あの頃は現在を想像できなかった。

よちよち言葉を覚えたばかりの子供がママに甘えている。
声だけじゃ男か女か判らないものだな。

あっ、女の子か。
可愛らしい笑顔を見せてこっちを振り向いた。

こんなことを旅日記に記す者になって岩見沢に帰ってきた。
幸せになって帰ってきたよ。

音楽ホールのような外観も、駅ナカも相変わらずきれいで、気持ちよくトイレを使わせてもらった。

残念だが、それだけで3度目の岩見沢は時間切れ。

9:44 白石(しろいし)駅(函館本線/千歳線 北海道)
札幌の高層化は江別方面にまでは及んでいない。
函館本線の通勤化政策は小樽方面に特化しているのかもしれない。

ここから札幌までは2駅。
千歳線との分岐駅になる。

平凡な住宅街に黒を基調としたシックな外観の駅があった。
あのデザインは気に入った。

すれ違う女性に目を向けるのは男として当然だが、子どもに真っ先に目がいくようになった。

そんな人生になったことに面白さを感じている。

10:06 新札幌(しんさっぽろ)駅(千歳線/札幌市営地下鉄東西線 北海道)
ここにはびっくりした。

地下鉄接続駅だけど広大な駐車場を備え、アークホテルにイオン、名店街、「駅そば」もある。

名店街に入っていた面々にはスナックも混じっていてなかなか面白い。

いつ頃誕生した駅だろうか。

白石から一度田舎風景が現れ、その後に唐突に現れた都会だった。

10:24 北広島(きたひろしま)駅(千歳線 北海道)
都会は姿を消し、線路は草に隠れる。

ここには巨大なショッピングモールがあると兄貴から聞いていたけど、駅前は閑散としていた。

新十津川などの例と同じように、かつて広島に縁のある一団が拓いた土地なのだろう。

列車が走りだして、またキャベツ畑や田園を眺めている。

一仕事終えた稲束がロール紙のようになっている。
美瑛ではそれをアートにしていた。

10:41 恵庭(えにわ)駅(千歳線 北海道)
郊外化してきた沿線風景。

北広島もそうだったけど、そんな街にある駅は比較的新しいものに姿を変え、ここではやや複雑な回廊で外とつながっている。

駅施設を除けば、見渡したところではコンビニくらいしか見当たらない住宅都市だった。

プロレスに熱中していた30年ほど前、この街でも興行が打たれていたことを覚えている。

10:54 千歳(ちとせ)駅(千歳線 北海道)
空港タウンにビルが建つ。

千歳はそんな街だ。

ホテルや大型スーパーが目立つ。

猥雑な空気はなく、どことなく近未来的で、ロボット化された人間が暮らすような街。
オレが感じているこの違和感の正体は何だろう。

かつてAWA世界王者ニック・ボックウィンクルがジャンボ鶴田の挑戦を受け、全日本プロレスに殴りこみをかけたタイガー・ジェット・シン、上田馬之助組が馬場鶴田に挑んだ街。
30年前の話だ。

あれからプロレスの世界では、この街の名を聞かない。

オレはきっと死ぬまでそんなことを記憶しながら生きていくのだろう。

恵庭でも触れたが、そうやってオレは街の名を覚えてきた。

11:25 新千歳空港(しんちとせくうこう)駅(石勝線 北海道)
ホノルル、函館、旭川、山口宇部、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、那覇。

空港もいろいろ行っているが、空はテリトリーじゃない。

ただ、胸は高鳴る。

さしあたりどこに飛びたいという希望はないけど、それじゃあ羽田へ飛んで家に帰るという人生じゃない。

青春18きっぷで北海道に渡って、利用するわけでもないのにわざわざ空港駅に寄ったのは、ここが終着駅だからだ。

オレにとっての終着駅とは、目指すべき存在だ。
馬鹿らしいと笑ってくれて構わない。

ここは地下駅で、羽田成田と同じように駅に対してのコメントを残すのが難しいが、窓口がオープンで、やけにたくさんの人員が配置されていたよ。

関連記事

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】最終日(水沢-東京)その1-水沢、花巻、遠野、陸中大橋、小佐野、釜石、恋し浜、盛(東北本線、釜石線、三陸鉄道南リアス線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年3月6日その1 2016

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】2日目(弘前-小樽)その1-弘前、蟹田、津軽二股、奥津軽いまべつ、木古内、札苅、桔梗、新函館北斗、大中山(奥羽本線/津軽線/北海道新幹線/道南いさりび鉄道/函館本線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年8月11日 2016・8

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】最終日(大館-東京)-大館、十和田南、荒屋新町、前沢、一ノ関、愛宕、国府多賀城、陸前山王、北白川、東白石、蒲須坂、片岡(花輪線/東北本線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年8月13日 2016・8

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】3日目(小樽-富良野)その2-深川、増毛、留萌、北一已、深川、旭川、美瑛、千代ヶ丘、富良野(留萌本線/函館本線/富良野線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年8月12日 12:49 

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】2日目(弘前-小樽)その2-赤井川、姫川、東森、渡島砂原、森、野田生、山越、八雲、長万部、ニセコ、小樽(函館本線/渡島砂原支線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年8月11日 13:21 

記事を読む

「鉄旅日記」2016年夏【じきに廃線を迎える留萌~増毛に用がありました】4日目(富良野-大館)その2-南千歳、苫小牧、登別、東室蘭、北舟岡、伊達紋別、長万部、森、新函館北斗、大館(千歳線/室蘭本線/函館本線/北海道新幹線/奥羽本線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年8月13日 11:45 

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】最終日(水沢-東京)その2-気仙沼、一ノ関、小牛田、大河原、福島、安積永盛、久喜(大船渡線、東北本線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年3月6日その2 12:0

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】初日(東京-下北)その2-村崎野、六原、盛岡、八戸、野辺地、下北(東北本線、いわて銀河鉄道線、大湊線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年3月19日その2 16:

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】2日目(下北-石巻)その2-金田一温泉、斗米、二戸、好摩、いわて沼宮内、厨川、矢幅、日詰、小牛田、涌谷、石巻(IGRいわて銀河鉄道、東北本線、石巻線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年3月20日その2 13:

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】初日(東京-下北)その1-郡山、安達、苦竹、東仙台、花泉、石越(東北本線、仙石線)

冒険家志望のあなたへ【1話】   鉄旅日記2016年3月19日その1 201

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】4日目(旭川-稚内)走行距離428㎞その1-藤田観光ワシントンホテル、愛別駅、上川駅、白滝駅、丸瀬布駅、遠軽市太陽の丘公園 瞰望岩、遠軽駅、オホーツク氷紋の駅

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】3日目(釧路-旭川)走行距離533㎞-釧路パシフィックホテル、阿寒丹頂の里、阿寒湖、足寄駅、池田駅、十勝清水駅、樹海ロード日高、夕張駅、熊追橋付近、藤田観光ワシントンホテル旭川

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その2-止別駅、緑駅、裏摩周、摩周駅、塘路駅、釧路湿原駅、細岡駅、釧路パシフィックホテル

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】2日目(紋別-釧路)走行距離367㎞その1-紋別港、サロマ湖三里浜オートキャンプ場、芭露駅跡、サロマ湖ワッカ原生花園、網走市鉄道記念館、網走監獄、網走駅、北浜駅、浜小清水駅

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

「車旅日記」2004年春【旭川に下りて、思う存分に北の大地を走った旅の記録でございます】初日(東京-旭川-紋別)走行距離339㎞-深川駅、留萌駅、おひら鰊番屋、士別駅、にしおこっぺ花夢、紋別セントラルホテル

冒険家志望のあなたへ【1話】   車旅日記200

→もっと見る

    PAGE TOP ↑