*

「車旅日記」1998年春【下北半島を目指した春。男の旅は北を目指すものと思っていた20代後半。高倉健さんの影響でございましょうか。】初日(東京-岩手山SA)-町田、蓮田SA、都賀西方PA、黒磯PA、阿武隈PA、吾妻PA、菅生PA、前沢PA、岩手山SA

公開日: : 最終更新日:2024/04/13 旅話, 旅話 1998年

車旅日記1998年5月1日
1998・5・1 11:53 東京町田
出発を前にして空が晴れてきた。

仲間はみんな仕事をしているけど、そんなことは忘れていたよ。

きっとトラブルも起こらないだろう。
今日の仲間にも。
そしてツアー中のオレにも。

今も道路状況を知らない。
相変わらずだ。

ただいつも言っていることだけど、混んでいようが混んでいまいが決めた道を往くのがオレの流儀。
計画の変更を余儀なくされるような事態は、よほどのことだと考えていいい。

さあ、シャワーも浴びた。
荷物の点検ももういいだろう。
あとはビールをクーラーに詰めるだけ。

起きる間際には彼女と裸で抱き合うことを想像してみた。
これまではそういう想像を否定してきたけど、今朝はそれもいいじゃないかと思った。
もう、ひとりの時間はいらないということなのだろう。

そんなことを真剣に考えるツアーがこれから始まっていく。
出発だ。

14:42 東北自動車道-蓮田SA 82km
首都高は日常のような具合だった。

東京はまだ黄金週間に浸ってはいないようだ。
それもそのはずで、仲間はいつもと何ら変わることなく働いている。

オレの予想では、おそらく今夜あたりからこの東北道では例年の渋滞騒ぎが始まるだろう。

体は多少だるくても宇都宮までは行っておいた方がいいだろう。
少なくともオレはあの騒ぎの恐ろしさを知っている。

隅田川沿いを走っているあたりではまだ仕事場の風景が頭に浮かんでいた。
大切なものを置いてきたわけではないが、サラリーマンが働く日を返上して心の底から楽しめるまでには、ある一定の時間が必要なようだ。

ストーンズをかけて歌おうと思ったけど、思うように声は出なかったよ。
それに体が疲れていることを自覚している。

いずれにしろ、もう少し走ってみる必要がある。

ハイウェイはやはりオレのとるべき道ではないが、今回はその利便性を大いに活用できそうでとても満足している。
体調にもよるが青森には案外早く入れそうな気がする。

でもまあ、のんびりいくさ。

座ったベンチの下で小蟻が獲物の上で群れていた。
多かれ少なかれ、動物はみんな同じような行動をとるものらしい。

空は曇り、風は凪いでいる。

16:16 東北自動車道-都賀西方PA 148㎞
調子の上がらない走行だった。
ここに来て少し横になり、安いうどんを食べたことにより多少気分が上向いている。

どうやら予報通り雨が落ちてきそうだ。
確か去年もこの時期の天気は冴えなかったが、今年も空はそんな具合で推移していきそうだ。

調子が上がらないから、時としてなぜオレはこんなところを走っているのかと自問自答することがあるが、好きなことをしているという実感だけはある。
今オレは好き好んでこの場所にいるのだと。

あまり評価していなかったハイウェイにも見るべきものはあった。

太古の昔、この周辺は古墳群だったという。
ここにはそのミニチュアが置かれている。
いい趣だと思う。
旅に必要な要素がここにはあった。

もう東京を離れて100㎞近く来ている。

17:20 東北自動車道-黒磯PA 214㎞
いいペースで休息をとっている。

隣の車ではご夫婦揃って横になり、片方では職人風の男が犬を連れだしてやはり休息をとらせている。
もっとも犬の場合は外に出て歩くことが休息なのだが。

考えてみればオレもそうだ。
犬のように思い切り羽を伸ばせないが、背を伸ばして関節をほぐすことくらいはできる。

追い立てられているような気持ちはもうなくなった。
さっきまで胃のあたりがおかしかったのは、きっと車に酔っていたのだろう。
最初に車に乗り込んだ時にはすでに独特の臭気が充満していた。

でももう大丈夫。
全開とはいかないまでも、ハイウェイでも窓を開けて走ることはできる。

外はずいぶんと寒くなった。
さらに北へ車を進めればもっと寒くなるだろう。

18:05 東北自動車道-阿武隈PA 247㎞
パーキングの表示につられてここに入り、また少し横になった。

ハイウェイでは人々が急ぐことを目的に数珠つなぎになっている。
今回はあの連中をけなすのはやめよう。

ちょうど夕暮れ時。
連中にも暗くなる前に目的の場所に着かなければならない事情があるのかもしれない。
まあ知ったことじゃないが。
オレはオレのペースで進んでいく。

今から5時間ほど前、「Time is on my side」が流れた時、不意に込みあげるものがあって、涙がこぼれそうになった。

うまく説明ができない。

うまく説明ができないが、きっとかつてこの季節に経験した事どもが映像を伴わずに心の奥底から駆け上がってきて、季節との再会を喜び、叫んだのだろう。

いつも車にいたんだ。
ここ2、3年の間、ずっと。

19:20 東北自動車道-吾妻PA 326㎞
1時間近く走った。
首のあたりに張りを覚える。
300㎞という距離はそれなりにこたえるものだ。

外は少し風が出て寒くなってきている。
でも東京から来た連中はことごとくが半袖姿。
連中も違う土地にきていることを文字通り肌で感じていることだろう。

最近はオレが走る日に、月が姿を見せてくれない。
寂しいが、本当に寂しいのは月のせいじゃない。
今までにオレが何を得て、何を得なかったのかという話だ。

もう友の暮らす土地からはだいぶ離れた。
3年前は友に会うためにこの道を使った。
あの日は渋滞で苦労したが、今回その苦労はない。

しかし3年前より疲労感を覚える。
きっとそれが3年の月日の重みなのだろう。

20:43 東北自動車道-菅生PA 388㎞
両親に連絡を入れた。
母親が出て、以前父親に言われたことを思い出した。

もう母親に心配をかけるトシじゃないだろうと。

そのとおりだ。
今のオレに言えるのはそれだけ。

でも大丈夫。
オレは心配ない。

こういう場所で世間に身を置いて、ひとりで飯を食うのはちょっぴり寂しい。
そんな時は贅沢な時間を過ごしている感覚を忘れる。

でもきっと朝になれば、いつもの路上のオレに戻れるだろう。
あまり心配はしていない。

22:28 東北自動車道-前沢PA 506㎞
あれから100㎞走って岩手に入った。

もう大丈夫。
すっかり元の調子に戻っている。
音楽にノって楽しくやっていたよ。

そしてこの場所。
2年前に6人で立ち寄った。
オレもいろんな場所にいたものだと、あらためて思う。

昔を思い出したのは懐かしむためじゃない。
ただたんに思い出しただけだ。
もう完全に路上に馴染んでいる。

これからだが、場所の如何にかかわらず24:00で走ることはやめる。
それだけ走れば今日はもう十分だ。

走りを止めたら今日はそれでおしまいってわけじゃない。
冷たいビールを飲まなきゃ終わらない。

暗くてあたりの状況はよく分からないが、岩手にいるという実感ならある。
今回はこの地に用がないのは残念だが、オレのことだ。
また来るだろう。

経験と同じで、思い出もまた積み重ねていくものさ。

23:52 東北自動車道-岩手山SA 607㎞
心配ないさ。
いろんなヤツが寝ているよ。
普段通りさ。

静かだな。
とても静かだ。

北の国の住人はいつもこんな感じなのか。
オレにとってはこっちの方がありがたいけど。

今日はここまでだ。
よく走ったよ。

最初の調子悪さがウソのように気持ちもノっている。
だからあまり休憩もとらずにここまで来た。

どんな時もノっている時はそれに従っていた方がいい。
こうして疲れ果てるまでは。

さあビールを飲み干したら歯を磨きにいこう。
今夜はこれで終わりだ。

外には凄い風が吹いている。

関連記事

「空旅日記」1997年弥生【若き日に高知に出張に行った記録が残っておりました。】-羽田空港内カフェテリア、市電グランド通り駅前オリエントホテル

空旅日記1997年3月11日 1997・3・11 羽田空港内カフェテリア 17:00を待っている。

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】2日目(香住-東萩)その2‐浜坂、東浜、福部、鳥取(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月24日・・・浜坂駅、東浜駅、福部駅、鳥取駅(山陰本線) 8:55&nb

記事を読む

「鉄旅日記」2007年如月【初日天王寺、2日目奈良。宿泊地だけを決めて、心のままに移動した記録でございます。】最終日(奈良-東京)-奈良、亀山、桑名、弥冨、富士、沼津(関西本線/東海道本線)

鉄旅日記2007年2月12日・・・奈良駅、亀山駅、桑名駅、弥冨駅、富士駅、沼津駅(関西本線/東海道本

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その2‐足利郊外ポテチーノ、下今市駅、鬼怒川ホテルニュー岡部、上三依塩原駅、会津若松駅、津川町、道の駅豊栄

車旅日記2000年5月3日 15:12 293号国道‐足利郊外ポテチーノ 108㎞ 繁華街を抜け

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その4‐水上、高崎、籠原(上越線/高崎線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・水上駅、高崎駅、籠原駅(上越線/高崎線) 18:36 水上(みなか

記事を読む

「鉄旅日記」2018年如月【冬の町を見たくて、週末パスを買いました。】初日(東京-河口湖-新島々-長野-直江津)その2-三つ峠、塩山、酒折、塩尻、新島々、西松本、松本(富士急行/中央本線/アルピコ交通上高地線)

鉄旅日記2018年2月10日・・・三つ峠駅、塩山駅、酒折駅、塩尻駅、新島々駅、西松本駅、松本駅(富士

記事を読む

「車旅日記」2003年晩秋【紀伊半島に焦がれる日々。南海道を往くのは2度目でございます。】3日目(伊勢志摩-吉野-奈良-京都)走行距離239㎞ -大王崎、御座港、鵜方駅、飯高駅、天誅組終焉之地、吉野駅、吉野神宮駅、吉野口駅、京都ホーユウコンフォルト二条城

車旅日記2003年11月24日・・・大王崎、御座港、鵜方駅、飯高駅、天誅組終焉之地、吉野駅、吉野神宮

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】2日目(黒磯-郡山-いわき-仙台)その2-末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイーストワン仙台

車旅日記2006年5月3日・・・末続駅、双葉駅、原ノ町駅、相馬駅、亘理駅、岩沼駅、名取駅、ホテルイー

記事を読む

「鉄旅日記」2006年如月【房総半島から1週間。常磐線に乗って、下っていったのでございます。】その1-取手、土浦、勝田、阿字ヶ浦、那珂湊、日立、大津港(常磐線/茨城交通)

鉄旅日記2006年2月11日・・・取手駅、土浦駅、勝田駅、阿字ヶ浦駅、那珂湊駅、日立駅、大津港駅(常

記事を読む

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】初日(東京-香住)その5‐並河、園部、胡麻、下山、福知山(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月23日・・・並河駅、園部駅、胡麻駅、下山駅、福知山駅(山陰本線) 16

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】最終日(三次-東京)その1‐三次、上下、府中(福塩線)

鉄旅日記2020年7月26日・・・三次駅、上下駅、府中駅(福塩線)

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その5‐備後落合、備後庄原、三次(芸備線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・備後落合駅、備後庄原駅、三次駅(芸

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その4‐宍道、加茂中、出雲横田、出雲坂根(木次線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・宍道駅、加茂中駅、出雲横田駅、出雲

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その3‐黒松、仁万、出雲市、荘原(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・黒松駅、仁万駅、出雲市駅、荘原駅(

「鉄旅日記」2020年文月【コロナ禍でございます。内緒の旅でございました。余部鉄橋へ。萩へ。霧の街へ。東京五輪延期で浮いた4連休の記録でございます。】3日目(萩-三次)その2‐益田、三保三隅、浜田、波子(山陰本線)

鉄旅日記2020年7月25日・・・益田駅、三保三隅駅、浜田駅、波子駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑