*

「車旅日記」2005年春【松本から富山へ。今にして思えば、なぜこの旅を思い立ったのか思い出せないのでございます。】初日(松本-飯山-富山)走行距離317㎞ その2-妙高高原駅、親不知駅、アパホテル富山駅前

公開日: : 最終更新日:2024/05/25 旅話, 旅話 2005年

車旅日記2005年4月29日・・・妙高高原駅、親不知駅、アパホテル富山駅前

16:44 妙高高原駅(松本駅より156㎞)
このあたりには懐かしい場所が多い。
以前は車にスキー板を結わえつけて、よく来たものだ。

斑尾高原は深い霧の中だった。
去年の日勝峠ほどじゃないにしても、視界は完全に閉ざされ、かつて3日間滞在した場所は現世から消えていた。

霧の中の走行は続き、国道を無視した走行も続く。
突き当りは野尻湖。
その名はオレの中でも有名なものだったが、湖畔に辿り着いたのは初めてだ。

気温7度の世界は山の上から始まっていた。
久々に感じる寒さ。
日本海へはもう30数キロの距離。

雪国仕様の駅が坂の上から見えた。
妙高という優しげな地名はとても素敵だ。

駅前には土産物屋と蕎麦屋が軒を並べている。
車で立ち寄る者はよく見かけるが、たいていはオレのように便所を借りて去っていく。

冬山仕様のタクシーが横長の駅に沿って並ぶ。
ホテルの名が記された看板に、ホームの様子が覗ける僅かな隙間。
九州じゃ、こんな造りの駅には出会わなかった。

寒い土地に向かうのも久しぶり。
何だかいいな。
まだまだオレの行く道はたくさん残されている。

今オレは、昔きたことがあるような、初めての場所に立っている。

18:51 親不知駅(松本駅より248㎞)
大山塊が日本海へと落ち込む名勝親不知。
付近に見られる民家は僅かで、駅のホームから凪いだ日本海を見渡す。

ここは承久の乱の古戦場でもあり、悲しい伝説や海賊話の残る場所。
いつ来ても神秘的な場所だ。

18号国道を日本海へ。
北の大地にしかないと思っていた風景は越後平野でも見られた。
妙高、黒姫と雪をかぶった険しい山塊を左に、180度に広がる空の果てに地平線が見える。
日本最大の穀倉地帯の風景は遥かだ。

日本海に出ると心が静まった。
静かな海に物静かな沿岸の町並。

赤い夕陽が浮かんだのはどのあたりでのことだったのだろう。
日が暮れるまで走ろうと決めて、着いたのがこの駅。

雪解け水は瀬を造り、川に合流して濁流となり海を目指す。
海まで到達した川水が勢いよく沖合まで流れ出す様を見ていると、胸が熱くなった。
あれは紛れもなく生き物だ。
そしてどこか哀しい。
やがて海水に揉み消される存在であることをオレは知っているが、彼等はそうとは知らずに広い場所を目指して、山上からここまでやってくる。
川の流れは龍の化身ともいう。

8号国道を富山方面に向かうのは初めてだ。
オレにできることはまだまだたくさんある。
そしてオレがやりたかったこととは、こうして波の音を聞く静かな場所で物思いにふけること。
ほんの些細なことなんだ。

これからいよいよ難所越え。
天下の険、親不知とはここから始まる。

2014年3月23日撮影

21:16 富山駅(松本駅より317㎞)
駅ビルにいる。
富山はオレ好みの街。
市電が走っているとは知らなかった。
富山駅にはかつて2度寄ったことがあるはずだが、路面電車の記憶はない。

到着した時刻が夜遅かったため、営業を終えていたのかもしれないが、記憶とはいい加減なものだ。
その拙い記憶の中じゃ、富山はもっと小さな街だった。

印象的な建物がいくつかある。
ライトアップされた富山城、α1、全日空ホテルにテレビ塔。
遠くから街の場所がはっきりと分かった。

それにしても、なぜ記憶と現実の街がこうも違うのか。
あの頃は何が目的だったのか。
オレという男もだんだん変わっていったのだろう。
もちろんいい方向に。

駅前風景はオレには絶景だ。
車通りも路面電車の本数も21時過ぎの街に相応しい。

北陸の大都会の夜景を眺めている。

24:06 アパホテル富山駅前1107号室
信越北陸路は優しさに満ちて、まるで故郷のようだった。
思えば旅を始めた頃には一番遠い場所だった。
あの頃は北海道や九州にまで延びるようなもんじゃなかった。

一人で暮らすようになって視野は広がった。
この5月で、旅を始めてからちょうど10年になる。

富山まできて悲しい話なんかしないよ。
最近じゃ遠くにばかり行っていたから、今回の旅をそれらとどこか一線を置いて捉えていることに自身気づいていたが、辿ってきた道はもちろん旅先でしか出会えない顔を見せてくれる。

ここ北陸で、、、これまではまるで逃げるように先を急いでいたけど、今回はそうしなくていい。

ここ富山で、全日本プロレスは大きな試合を組んできた。
ジャイアント馬場×ブルーザー・ブロディのPWF選手権。
ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田×タイガー・ジェット・シン、キラー・トーア・カマタのインタータッグ選手権。
ジャンボ鶴田、天龍源一郎×テリー・ゴディ、マイケル・ヘイズ(ザ・ファビュラス・フリーバーズ)のインタータッグ選手権。
長州力、谷津喜章×ザ・ファンクスのインタータッグ選手権。
三沢光晴×スタン・ハンセン、川田利明×田上明のチャンピオン・カーニバル公式戦・・・。
最近じゃそんな興行も打たれていない。

九州や北海道でもそんな過去を持つ町を見てきたが、富山は廃れてなどはいない。
遅い時間まで路面電車が走る街並には格があった。

駅ビルでの記憶に満足して県庁前公園からNHK、城址通りと歩く。

繁華街での客引きは越中美人ではなく、外国人だった。
外国娘は今じゃどこの街にもいる。
ある意味この国の国際化を認識した。

そして黄金通りを歩き、このホテルへ。
県内を隈なく走る私鉄の名称が富山地方鉄道という、まさにローカルなもので泣かせる。

さっき駅で記したんだ。
富山には実力があると。

真下には線路が敷かれている。
列車が通るたびに腰を上げてその姿を見に行く。
同じくそうして過ごした稚内はもう1年前。
この1年はとても早かったが、今日のオレが思い出していたのは10年以上前の話だ。

このあたりには歴史がある。
もちろん地域的なこともそうだが、オレが生きてきた中にも多く登場する。

明日の昼飯はタラ汁だよ。
美味い店を知っているんだ。
今夜はその店の前を一瞬のうちに通り過ぎてしまったが、明日は寄るだろ?

あの頃の理想がどのようなものだったのか覚えていないが、今のオレがその姿をしていないことも分かっているが、その間をしっかり生き続けて、こうして10年経って富山と再会できたことを喜ぼう。
だってそうじゃないか。
未知の世界とは何もないところから始まるわけじゃない。
昨日までは相変わらずの日々。
しかも周囲はだんだんくだらなくなっていっている。

ブルートレインが富山駅を離れた。
あの夜汽車は、どこで朝を迎えるのか。

そう言えば、札幌行の夜行列車にどこかで会ったな。

関連記事

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その3‐仙台、国見、愛子、山形(仙山線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・仙台駅、国見駅、愛子駅、山形駅(仙山線) 14:39 仙台(せんだ

記事を読む

「鉄旅日記」2018年神無月【北陸へ。信州へ。友を訪ねての巡礼旅でございます】2日目(越前大野-福井-米原-名古屋-松本)その1-越前大野、南今庄、敦賀、武並(越美北線/北陸本線/東海道本線/中央本線)

鉄旅日記2018年10月7日・・・越前大野駅、南今庄駅、敦賀駅、武並駅(越美北線/北陸本線/東海道本

記事を読む

「車旅日記」1998年夏【20代最後の旅でございます。青森港から北海道上陸を目指して北へ向かったのでございますが・・・。】3日目(秋田-北上ー遠野)-道の駅西目、道の駅東由利、ほっとゆだ駅、北上駅、遠野徳田屋旅館

車旅日記1998年8月14日 1998・8・14 7:17 7号国道‐西目(道の駅) 自由な日々

記事を読む

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その2‐足利郊外ポテチーノ、下今市駅、鬼怒川ホテルニュー岡部、上三依塩原駅、会津若松駅、津川町、道の駅豊栄

車旅日記2000年5月3日 15:12 293号国道‐足利郊外ポテチーノ 108㎞ 繁華街を抜け

記事を読む

「鉄旅日記」2019年長月【三陸鉄道、八戸線に乗りにいきました。区界、吉里吉里など、駅旅の者として見過ごせない駅にも寄りましてございます。】2日目(盛岡-宮古)その1-盛岡、仙北町、花巻、遠野、足ヶ瀬(東北本線/釜石線)

鉄旅日記2019年9月22日・・・盛岡駅、仙北町駅、花巻駅、遠野駅、足ヶ瀬駅(東北本線/釜石線)

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】2日目(琵琶湖志賀-福山)桂川PA、三木SA、白鳥PA、篠坂PA、芦田川畔

車旅日記2000年8月13日・・・桂川PA、三木SA、白鳥PA、篠坂PA、芦田川畔 2000・8・1

記事を読む

「車旅日記」2004年秋【瀬戸内から山陰へ。そんな旅がしたかったのでございます。】番外編(京都で過ごす日)-四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅、京都駅

車旅日記番外編2004年11月23日・・・四条大宮駅、嵯峨駅前駅、嵯峨嵐山駅、京福嵐山駅、阪急嵐山駅

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.2【友を訪ねて備後福山へ。長門宇部へ。2000㎞に及ぶ長大な旅路でございました。】最終日(東京町田-東京葛飾)

車旅日記2000年8月16日 2000・8・16 23:09 東京葛飾金町 旅が終わってほっとし

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【下北半島から東日本大震災被災地へ】最終日(石巻-東京)その2-久田野、新白河、豊原、白坂、黒磯、西那須野、那須塩原、矢板(東北本線)

鉄旅日記2016年3月21日その2・・・久田野駅、新白河駅、豊原駅、白坂駅、黒磯駅、西那須野駅、那須

記事を読む

「鉄旅日記」2018年卯月【ときわ路パスでめぐる常陸旅でございます。】その1-取手、竜ケ崎、佐貫、岩間、赤塚、大洗、鹿島神宮(常磐線/関東鉄道竜ヶ崎線/鹿島臨海鉄道)

鉄旅日記2018年4月25日・・・取手駅、竜ケ崎駅、佐貫駅、岩間駅、赤塚駅、大洗駅、鹿島神宮駅(常磐

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その4‐浪江、いわき、常陸多賀、石岡(常磐線)

鉄旅日記20220年4月5日・・・浪江駅、いわき駅、常陸多賀駅、石岡駅

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その3‐小野新町、要田、いわき(磐越東線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・小野新町駅、要田駅、いわき駅(磐越東線

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

→もっと見る

    PAGE TOP ↑