*

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、福井・石川途中下車旅】初日(東京-富山)-大垣、田村、近江塩津、敦賀、越前花堂、美山、九頭竜湖、越前大野、福井、美川、金沢、津幡(東海道本線、北陸本線、越美北線)

公開日: : 最終更新日:2023/07/01 旅話, 旅話 2012年

鉄旅日記2012年8月25日・・・大垣駅、田村駅、近江塩津駅、敦賀駅、越前花堂駅、美山駅、九頭竜湖駅、越前大野駅、福井駅、美川駅、金沢駅、津幡駅(東海道本線、北陸本線、越美北線)
2012・8・25 12:40 大垣(おおがき)駅(東海道本線/美濃赤坂支線/樽見鉄道/養老鉄道 岐阜県)
星空の保谷。

車内は混んでいたけど東京までは順調だったんだ。
そこからはすべてが想定外だった。

24時間を有効に使おうと画策する人々の多さに驚き、朝飯は中途半端な状態で収束させねばならず、さらに沼津の手前でダイヤが狂い、やってきた浜松行に乗り込めば毎朝の山手線のような乗車率。
そのまま2時間。
あの時は恨んだな。
東京からやってきて座席を占めている腹の出た眼鏡顔の電車男たちを。

ダイヤの乱れは続いている。
従って福井までの予定が乱れた。
とても残念で心も震えた。

大垣駅前は夏の日差しに照らされ、お城に続く街並が華やいで見えた。
一度じっくり歩いてみたいと思っているが、それはすべての旅の計画が終了する頃になりそうだ。

それまでは、もっと遠くの街に行かなきゃならない。

14:02 田村(たむら)駅(北陸本線 滋賀県)
長浜ドーム。
長浜バイオ大学。
伊吹山脈の抉り取られた山肌。
見渡すと江北名所に囲まれている。

商業施設は一切なく途方に暮れるべき駅だ。
ただ駅前から水面が放つ輝きが見えたんだ。

長浜と琵琶湖は距離的にも密接だ。

かつて車を走らせた湖岸道路。
恋の記憶が蘇る。
真夏の湖東にたたずむは初めてだろう。

浸かりたいと思える水じゃなかったが、琵琶湖と子供たちが戯れていた。
西日本の強烈な日差しを浴びるのもまた久し振りだ。

駅前の喫煙所でビールと汗と共に吸った煙草の味は、もう20年も前に江ノ島の海水浴場で吸ったのと同じ味がして、しばし茫々と。


14:54 近江塩津(おうみしおつ)駅(北陸本線/湖西線 滋賀県)
江北最北端西浅井。

地下道のような通路を通って改札口に下りると追憶の8号国道。
おそらく冷たいビールを売っていたであろう商店は廃墟になって久しく、土建屋の看板も掲げている「ひさご旅館」はどうやら営業を続けているようだ。

8号国道を渡って人里へ。
日陰では犬が吠えるという行為をまるで放棄したかのように力なく寝そべっている。
そして懐かしい農村の風景を歩いた。

駅には軽喫茶店が入っていた。

3年前の11月18時過ぎ。
この駅に降りたが、あたりは真っ暗だったよ。

15:38 敦賀(つるが)駅(北陸本線/小浜線/湖西線 福井県)
敦賀について浮かぶこと。
金ヶ崎、天狗党末路、民謡番組流れる待合室。

さすがのオレもこの暑さに一歩引いた格好だが、柔い細麺の肉うどん。
美味かったよ。

敦賀駅は開業130年だという。

オレが初めてこの駅に下りてから21年。
それから何度訪れたことだろう。

そしてこの街での過去は遠い昔のことになった。

16:57 越前花堂(えちぜんはなんどう)駅(北陸本線/越美北線 福井県)
若者満載のワンマン車、九頭竜線に乗り換え。

友人Sさんが暮らす大野へと続く道。
夏の日に焼かれた花堂の町はくたびれて見えた。

九頭竜線専用ホームへ草の道を通る。

17:27 美山(みやま)駅(越美北線 福井県)
足羽川と絡み合うように進む越美北線。
いつぞやの大雨であの橋が落ちて存続が危ぶまれた。
あの時はオレも心を痛めたよ。

この道を友人Sさんの運転する車で走り、また勝山に入院していた彼に会い行くためにひとりでも走った。

手動で操らなければならない北陸最強ローカル線の道に駅舎はなく、花堂以来駅舎が建つ美山で3分の交換待ち。

運動する女子高生の一団が下り、幼子を連れた出迎えの母親が大声で呼ぶ。

谷間を走っているのだな。
足羽川が姿を消し、左右から山塊が迫ってきた。

そろそろ大野の街が見える頃か。
そして視界が開けた。

平野だ。

18:28 九頭竜湖(くずりゅうこ)駅(越美北線 福井県)
飛騨から恐竜街道に至り、九頭竜湖の脇を抜け辿り着いた終着駅。

あの時の感動を覚えている。
九州へと繋がった壮大ツアー2日目のことだ。

そして大野へ。

駅前の風情に変化はなく、道の駅では屋台が出て森閑とした夕暮れに笑い声が聞こえてくる。

あの湖を抜けて郡上八幡へと至る鉄道ルートが完成していたらと思わざるを得ない。
日常の利用者確保は保証できないが、鉄道マニアのみならず垂涎の路線になったことだろう。
計画の壮大さは県境に立ちはだかるあの山を越えた者なら理解できる。

霧の立つ九頭竜湖駅は深く心に残る終着駅だ。

19:17 越前大野(えちぜんおおの)駅(越美北線 福井県)
北陸の小京都。
名水の街。
金森長近築城のライトアップされた大野城が七間朝市の先に見える。

ごくこじんまりとしているが繁華街も一緒に七間朝市の光の中にあった。

緑濃い名水の街。
あらためて大野を訪ねて美しきたたずまいに心を打たれた。
こざっぱりとした旅館も数軒灯を残している。

友人Sさんの夢はあの大野で店を出すこと。
一緒にBARをやならいかと半分真面目に話したりしてた。

当時の彼女と別れて病を患い東京を去った元サッカー福井県選抜の伊達男。
今も大野にいるのだろう。
彼がいるならまた訪れることもあるだろう。

大野を離れて浮かんできた希望がある。

今すぐ戻って宿をとり、彼に連絡をつけて互いに四十路を辿る今の夢を聞いてみたい。

オレたちはずっとそんな話をしながらやってた。
そう、そんな頃があったんだよ。


20:36 福井(ふくい)駅(北陸本線/越美北線/えちぜん鉄道 福井県)
そうか4年振りになるんだな。

つい最近のことだとも思えたが、それだけの歳月が流れ、オレももう43歳。

そうだった。
いろいろ工事中だったよ。

今はすべてが完成し、見覚えのない商業ビルが建ち、高架駅は床から何からピカピカに磨かれ光を跳ね返していた。

とても美味かった今庄そばの営業は23:30まで。
ひっきりなしに客を迎え、福井駅の夜は遅くなった。

新しい街に着いた心地でわくわくしたよ。
すれ違いにケータイを落とした女性をはじめ越前娘は素敵だった。

恋がしたくなったよ。
この街で。

22:02 美川(みかわ)駅(北陸本線 石川県)
白山市という市制が敷かれたのはいつのことだろう。

友人Sさんを見舞った帰り、あの勝山からの長い道のりを経て辿り着いた海辺がちょうどこの辺りだったのだろう。
手取川沿いの道の駅が懐かしい。

美術館のようなとてもきれいな駅に下りると町があった。
ふれあいモニュメントへの赤い橋を渡る。
不思議な駅を作ったものだが、何らかの町の意思は感じる。

上品な灯で飾った割烹を左手に見て、中央商店街を突き抜けると日本海に出るのだろう。
美川温泉観光ホテル跡のところで引き返して駅への道を再び。

オレンジ色の灯に彩られた町だった。

北陸の夜には明かりがある。
秋田あたりじゃ窓は真っ暗だったよ。

22:37 金沢(かなざわ)駅(北陸本線/七尾線/北陸鉄道 石川県)
金沢に下りると真っ先に思い出すのは20年近く前に焦がれた女性との再会劇。
死ぬまでそのままだろう。
それで構わない。

永遠の古都の外では多くの旅人がベンチで眠り、その脇で夢見るような瞳の女性が酔いでも覚ますように両手にもたれて座っていた。

七尾行に酔客の声が響いている。

22:58 津幡(つばた)駅(北陸本線/七尾線 石川県)
会社の時報と同じメロディが富山行最終の到着を告げた。

能登半島の入口にあたる津幡で多くが下りたが、駅前の灯に町の灯が交じることはなく、寂れた風景は冷たい北陸の季節を思わせた。

今乗り合わせているのはみんな越中人なのだろうか。

関連記事

「鉄旅日記」2014年秋【休日おでかけパスで、関東ローカル旅】その2-富田、佐野、佐野市、大平下、新大平下、栃木、思川、新白岡、白岡、東大宮(両毛線/東北本線)

鉄旅日記2014年11月3日その2・・・富田駅、佐野駅、佐野市駅、大平下駅、新大平下駅、栃木駅、思川

記事を読む

「車旅日記」2004年夏【九州を一周してみよう。そう思いたった、真夏の日々でございます。】最終日(長崎-島原-唐津-福岡空港)走行距離291㎞その2-厳木駅、西唐津駅、唐津駅、筑前前原駅、葛飾金町

車旅日記2004年8月15日 2004・8・15 14:01 厳木駅(8月11日の佐賀空港より15

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】初日(東京-五所川原)その1‐金町、北千住、上野、宇都宮、黒磯、新白河(常磐線/東北本線)

鉄旅日記2019年11月2日・・・金町駅、北千住駅、上野駅、宇都宮駅、黒磯駅、新白河駅(常磐線/東北

記事を読む

「鉄旅日記」2018年弥生【青春18きっぷを握り、目指したのはまたしても会津。練馬から旅立つ最後の旅でございます。】最終日(会津若松-新潟-吉田-三条-東京)その2-新潟、白山、内野、巻、吉田、燕(越後線/弥彦線)

鉄旅日記2018年3月4日・・・新潟駅、白山駅、内野駅、巻駅、吉田駅、燕駅(越後線/弥彦線) 11:

記事を読む

「車旅日記」2006年初夏【これが最後の車旅でございます。鈴鹿山脈を回るように、終着駅を探して走ったのでございます。】2日目(岐阜-津-名張-近江八幡)その2-津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテルはちまん

車旅日記2006年7月16日・・・津駅、伊勢奥津駅、名張駅、伊賀上野駅、信楽駅、紫香楽宮跡駅、ホテル

記事を読む

「鉄旅日記」2009年晩秋【陰陽を行き来した3日間。この国の秋は美しゅうございました。】2日目(倉敷-和田山)その2-郡家、若桜、智頭、京口、福崎、寺前、和田山(因美線/智頭急行/播但線)

鉄旅日記2009年11月22日・・・郡家駅、若桜駅、智頭駅、京口駅、福崎駅、寺前駅、和田山駅(因美線

記事を読む

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶 日曜日の朝だった。 34歳の誕生日に

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】初日(東京-酒田)その4‐矢島、前郷、金浦、酒田(由利高原鉄道鳥海山ろく線/羽越本線)

鉄旅日記2019年12月7日・・・矢島駅、前郷駅、金浦駅、酒田駅(由利高原鉄道鳥海山ろく線/羽越本線

記事を読む

「鉄旅日記」2019年霜月【津軽鉄道、弘南鉄道に乗りにいきました。羽州街道を歩いた晩秋の旅でございます。】最終日(北上-東京)その2‐新庄、鳴子温泉、小牛田(陸羽東線)

鉄旅日記2019年11月4日・・・新庄駅、鳴子温泉駅、小牛田駅(陸羽東線) 11:19 新庄(しんじ

記事を読む

「車旅日記」2005年初夏【長岡、会津、庄内。戊辰戦争ゆかりの地を巡りたかったのだと記憶しております。】初日(長岡-会津-福島-山形)走行距離388㎞ その1-長岡駅、小出駅、田子倉駅、只見駅、会津水沼駅、会津坂下駅、猪苗代駅

車旅日記2005年7月16日 2005・7・16 9:38 長岡駅 MAXトキ307号で北越の街

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑