*

「鉄旅日記」2017年秋【湘南へ向かう休日。江ノ電に乗りに行ったのでございます。】その2-和田塚、由比ヶ浜、長谷、鎌倉大仏殿高徳院、極楽寺、稲村ケ崎、七里ヶ浜、鎌倉高校前(江ノ島電鉄)

公開日: : 最終更新日:2023/06/14 旅話, 旅話 2017年

鉄旅日記2017年11月12日・・・和田塚駅、由比ヶ浜駅、長谷駅、極楽寺駅、稲村ケ崎駅、七里ヶ浜駅、鎌倉高校前駅(江ノ島電鉄)
13:32 和田塚(わだづか)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)
列車を降りれば静寂の中へ。

鎌倉幕府軍に滅ぼされた和田義盛をはじめとする一族を偲ぶために降りたが、和田塚を示すものは駅地図には見当たらず、鉄砲の時代にはまだ遠い和田合戦を想う。

義経に従って平家を西海に滅ぼした有力御家人。
和田一族に続き、比企、畠山、梶原、やがて三浦と、次々と北条一族に滅ぼされる。

1000年前に、生き死にと鎌倉の天下を賭けた鎌倉市街戦を想う。

13:47 由比ヶ浜(ゆひがはま)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)
馴染みの地名だ。
湘南海岸との関係が近かった頃は友人との会話にもよく登場したものだ。

実際に浜に下りたことはない。
そして134号国道はいつも渋滞中だった。

人を集めるような何事かを周囲に見つけることはできず、和田塚についでここにも商店コンビニの類いはないが、列車が近づくとどこからともなく人がやってきてホームが埋まる。

なかなか不思議な路線だ。

14:19 長谷(はせ)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)
大仏参拝の列に加わる。

車道も歩道も狭く、混雑した一画の国際色はとても豊かだ。

しかし鎌倉とはいつからこんな街になったのか。
別に構わないが、しばらく足が遠のきそうだ。

おそらく40年ほど前に大仏を拝んでいるはずだが、これも記憶にはなく、遥かに見上げ、見つめ拝んだ大仏様は慈愛に満ちた優しい顔をしていた。

大切な人の無事と世界の平和。
それ以外にも複雑なものを抱えているが、その二つが一番大事だったのだろう。

こんなところにでも来なければ、自分の本心すら見失いそうな日常を生きていることを知る。

鎌倉大仏殿高徳院(かまくらだいぶつでんこうとくいん)にて

14:36 極楽寺(ごくらくじ)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)
弘法大師様の額の前で手を合わせる。
拝むことは大仏様を前にした時と同じ。

日常様々なことを考えざるをえないが、その中にはとても悲しいものも含まれる。
それでも人は逃れられない定めに抗いきれず流される。
そんな経験をいくつかしてきた。

宿命の前に祈りは効力を発揮するのか。
この静かな里でそんなことを考えることとなった48年目の人生。

是非を今は問わないが、宿命と祈りをこれから往き来する。

鎌倉行の列車が去り、駅周辺がようやく望むような静かな場所になったけど束の間だ。

少し前に小泉今日子さん、中井貴一さん主演ドラマの舞台にもなった駅。
あの駅も実際のこの駅も浮世離れしていて、暮らしたいとは思わないが、また来たいとは思う。

極楽寺(ごくらくじ)にて

15:14 稲村ヶ崎(いなむらがさき)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)
太陽は神々しく、湘南海岸は美しい。

あの場所には、かつていたことがある。

砂浜が狭くなっていたように感じたのは気のせいか。
波は岸壁近くまで打ち寄せ、ビーチは湿っていた。

自撮りをしたのはSNSに上げるため。
今年オレはそんな男にもなった。
ワルくない変化だと受け止めている。

新田義貞伝説の地には確か足を踏み入れたことがある。
緑の小高い場所に人の姿が彩りを添えていた。

彼は英雄で、滅びた北条一族への思慕を伝えるものはどうやらない。

鎌倉は滅びることもなく、その後戦場になる不運もなく、前述のとおり国際的観光都市の栄誉を得ている。

稲村ケ崎(いなむらがさき)にて


15:41 七里ヶ浜(しちりがはま)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)
思い出の場所はこっちだった。
あの日、稲村ヶ崎から二人で歩いてここまできた。

冬に向かう海を前にして集まった人々は一様に幸福そうな表情を浮かべ、江の島を背景にスマホを向けている。

オレが見ている江の島はだんだん大きくなってきたけど、スマホが見つめる江の島は相変わらず小さいままだ。

七里ヶ浜(しちりがはま)にて

15:50 鎌倉高校前(かまくらこうこうまえ)駅(江ノ島電鉄 神奈川県)
江の島が近くなってきた。

134号国道に面した海辺の駅。
多くのドラマにこの駅は登場する。

オレもここにいたことがあるし、車寅次郎も甥の光男といたことがある。

寅次郎は年若い甥に人生においてとても大切なことを伝え、若者は泣いた。
二人はここで分かれ、美しい海辺の風景と余韻が残った。

ここでは必ずそういうものが残る。

遥々ここまでやってきた外国勢にも感じてほしいと思う。


関連記事

「車旅日記」2000年春【一年のブランクを経て、旅再開。出発場所は東京町田から、下町葛飾へと変わっております。】初日(東京‐足利‐鬼怒川‐会津若松‐新潟豊栄)その1‐葛飾金町、幸手駅、古河駅、渡良瀬遊水地北エントランス、藤岡駅、佐野厄除け大師、足利駅

車旅日記2000年5月3日 2000・5・2 東京葛飾金町 前夜祭 旅に出る前夜。 これほどの

記事を読む

「鉄旅日記」2015年春【浜名湖周辺で遊ぶ一日】その2-鷲津、新居町、浜松、新浜松、第一通り、西鹿島、遠州森、円田、遠江一宮、原谷、掛川、安倍川(東海道本線/遠州鉄道/天竜浜名湖鉄道)

鉄旅日記2015年3月28日その2・・・鷲津駅、新居町駅、浜松駅、新浜松駅、第一通り駅、西鹿島駅、遠

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】2日目(新南陽-鹿児島中央)その3-宇土、松橋、八代、出水、牛ノ浜、草道、鹿児島中央(鹿児島本線/肥薩おれんじ鉄道)

鉄旅日記2015年8月13日その3・・・宇土駅、松橋駅、八代駅、出水駅、牛ノ浜駅、草道駅、鹿児島中央

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】2日目(新大宮-大阪難波)その1-近鉄奈良、新田辺、三山木、JR三山木、狛田、下狛、新祝園、祝園、学園前、学研奈良登美ヶ丘(奈良線/京都線/けいはんな線)

鉄旅日記2017年3月18日・・・近鉄奈良駅、新田辺駅、三山木駅、JR三山木駅、狛田駅、下狛駅、新祝

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】4日目(大曲-阿仁合-弘前-三厩-青森)その2-弘前駅、つるた、毘沙門駅、津軽中里駅、三厩駅、中小国駅、駅前ホテルニュー青森館

車旅日記2006年5月5日 14:21 弘前駅(1,046㎞) 津軽平野を横断する102号国道は

記事を読む

「車旅日記」2000年夏Part.1【信濃、飛騨、そして能登島。帰りは北陸路。この国の美しさをあらためて感じました夏旅でございます。】最終日(小千谷-桐生-下妻-東京)道の駅おぢや、塩沢らーめんショップ、月夜野情報サービスセンター、旅の駅桐生、道の駅しもつま、柏市あけぼの2丁目、葛飾金町

車旅日記2000年7月23日 2000・7・23 2:09 17号国道‐おぢや(道の駅) 都合3

記事を読む

「車旅日記」2006年皐月【東京から出かける最後の車旅。関東、東北を2,265㎞走った記録でございます。】5日目(青森-八戸-気仙沼-女川-安達)その1-駅前ホテルニュー青森館、野辺地駅、三沢駅、十和田市駅、本八戸駅、陸中八木駅、久慈駅、岩泉駅、茂市駅

車旅日記2006年5月6日 2006・5・6 8:07 駅前ホテルニュー青森館311号室 夢で見

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その2-富士宮、身延、鰍沢口、市川大門、南甲府、石和温泉、山梨市、塩山、甲斐大和、四方津、梁川、上野原、国分寺、武蔵境(身延線、中央本線)

鉄旅日記2012年3月20日その2・・・富士宮駅、身延駅、鰍沢口駅、市川大門駅、南甲府駅、石和温泉駅

記事を読む

「鉄旅日記」2016年春【東日本大震災被災地へ】初日(東京-水沢)その2-前谷地、柳津、気仙沼、一ノ関、水沢(石巻線/気仙沼線/大船渡線/東北本線)

鉄旅日記2016年3月5日その2・・・前谷地駅、柳津駅、気仙沼駅、一ノ関駅、水沢駅(石巻線/気仙沼線

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのくひとり旅】最終日(羽後本荘-東京)-羽後本荘、古口、袖崎、天童、漆山、かみのやま温泉、山形、左沢、寒河江、長町、太子堂、南仙台、名取、館腰、船岡(羽越本線、陸羽西線、山形線、左沢線、東北本線)

鉄旅日記2012年8月15日・・・羽後本荘駅、古口駅、袖崎駅、天童駅、漆山駅、かみのやま温泉駅、山形

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その3‐多治見、金山、豊橋、御厨(太多線/中央本線/東海道本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・多治見駅、金山駅、豊橋駅、御厨駅(太

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その2‐猪谷、高山、久々野、古井、美濃川合(高山本線/太多線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・猪谷駅、高山駅、久々野駅、古井駅、美

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】最終日(速星-東京)その1‐速星、越中八尾、楡原(高山本線)

鉄旅日記2020年3月22日・・・速星駅、越中八尾駅、楡原駅(高山本線

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その5‐府中鵜坂、西富山、速星(高山本線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・府中鵜坂駅、西富山駅、速星駅(高山本

「鉄旅日記」2020年弥生【富山地方鉄道に乗りにまいりました。太多線、高山本線に乗るのも楽しみにしていたのでございます。】2日目(高山-速星)その4‐富山大学前、丸ノ内、南富山駅前、南富山、電鉄富山駅前、富山(富山地方鉄道市内線)

鉄旅日記2020年3月21日・・・富山大学前電停、丸ノ内電停、南富山駅

→もっと見る

    PAGE TOP ↑