*

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】4日目(帯広-襟裳岬-苫小牧-札幌)走行距離374㎞ -帯広東急イン、帯広緑ヶ丘公園、忠類、襟裳岬、様似駅、静内駅、恵庭中島公園、札幌東急イン

公開日: : 最終更新日:2024/05/17 旅話, 旅話 2005年

車旅日記2003年8月16日・・・帯広東急イン、帯広緑ヶ丘公園、忠類、襟裳岬、様似駅、静内駅、恵庭中島公園、札幌東急イン

2003・8・16 帯広東急イン826号室(8月13日の函館空港より1,584㎞)
昨夜釧路からの爆走でほぼ予定した時間通りに帯広に着き、疲れてしまった。
ビールも煙草も昨夜は美味かった。
ただし650㎞の走行は本当に効いたよ。

釧路駅を出ると市内で迷い、まるで横浜港のような賑わいを持つ一角に迷いついた。

昨夜の釧路の明かりは夢のようなものだ。
なかなかそこには辿り着けない。
いずれ辿り着きたいが、一度の人生じゃもうそこには行くことはできないかもしれない。
ガンダーラのように、そこは果てしなく遠い。

帯広が近づくと白く輝く十勝大橋が見えてくる。
街が近い。
その安心感で気持ちが緩んだわけじゃないが、少しばかり街の造りがややこしい。
駅に向かって放射状の道が方向感覚を奪い、焦ってしまった。

だから街歩きは朝に。

帯広駅は新しい。
列車は1時間に1本くらいやってくる。
まるで新幹線駅のような構内の土産物屋は朝から開き、街には昨夜の平原祭りの余韻が残っている。

十勝平野の大穀倉地帯、帯広。
豊かさを感じる街だ。
繁華街も結構広い。

10:37 帯広緑ヶ丘公園(8月13日の函館空港より1,590㎞)
帯広の中心街を流している。
地図に印刷されていた印象的な建物を探した。

かつて屯田兵が開拓した新しい街。
公園内には百年記念館がある。
脇では老人たちがゲートボールに興じている。

どうやら望みの建物は見つけられそうにない。
そもそも何の建物なのか記されていない。

北の街の象徴的建造物はテレビ塔。
札幌、旭川、そしてここ帯広。
やり残したことはあるが、この街ともこれでお別れだ。

知床斜里まで右腕を散々に焼いた太陽はその後姿を見せず、厚岸では僅かな光を寄越しはしたが、今朝はまた姿を見ない。
空は雲のないブルーグレー。

半袖姿を見かけないが、オレは半袖でいる。
寒さは感じない。

11:48 236号国道-道の駅忠類(8月13日の函館空港より1,642㎞)
真っ平らな十勝平野。
十勝川と出会えなかったことが残念だ。

帯広から南に延びる鉄道はなく、物資輸送は車と水運に頼る。
この町を拓いた者たちはどの方角からやってきたのだろうか。

空が広い風景も見慣れ、今日の空はひたすらのグレー。
町はなく、海が近い。

ここではかつてナウマン象が発掘されたらしく、町おこしのシンボルになっている。
1台の車が通り過ぎるとほんの一瞬静寂が訪れ、どこかの鐘の音が聞こえる。

13:28 襟裳岬(8月13日の函館空港より1,723㎞)
トウモロコシ畑、ひまわり畑、地平線。
十勝平野を抜け広尾へ。
難工事とそれに伴う費用の莫大さから黄金道路と呼ばれる国道を南へ。

灰色の海の波は高く、右側の崖の険しさが緊張を強いる。
所々に設けられた駐車帯では、決して少なくない数の男たちが岸に押し寄せる波を黙って眺めている。

襟裳公園道路から岬に至る風景は根室半島を思い出させる。
かつて歌われたように何もなく、広大な緑の荒野が広がっている。

岬の入口には小さな町があり、野球をしている一団の脇をひっきりなしに観光客が通り抜けていく。
岬には歌碑があり、海を眺めると碁石を置いたように岩場が沖まで続いている。

襟裳半島に入ってから一日振りに日が差し、随分あたたかくなった。
海はやはり青い方がいい。
エメラルド・グリーンをまぶした青い姿が美しい。

苫小牧まで海を見る。
土産が多くなった。

14:14 様似駅(8月13日の函館空港より1,761㎞)
襟裳半島で顔を見せた太陽はまた足だけ残して隠れ、海辺には相変わらず強い波が押し寄せ、町の人々は昆布を干す。

ここはアボイ岳からの静風が吹き下ろされる日高本線の終着駅。
1日に6、7本しか運行されないホームに静内行のワンマンカーが止まり、乗客の姿は一人も見えない。
終点の苫小牧まで130㎞ほど。

北の大地はやはり広い。
内地から移り住んだ人々が拓いた北海道。

でも先人は神を呼び忘れたらしい。
寺社は見当たらず、代わりに聖書の言葉を記した木札をたまに見かける。

2012年8月13日撮影

15:50 静内駅(8月13日の函館空港より1,820㎞)
道南日高国道。
苫小牧に向かう車の流れに切れ目はなく、思ったように進まず札幌が遠い。

様似の親子岩は鳥の群生地。
ここはお前たちが作ったわけじゃない。
堂々と群れをなして浜辺の人間たちを見つめる鳥たちが、そう言っているような気がしたよ。

通り過ぎた浦河はきれいな町だった。
236号国道沿いの商店はすべて新しく明るい色をしている。

日高本線の中心地を思わせるが、駅だけが古く、外れに放置されていた。
まるでもう用がなくなったもののように、ひっそりと古びていた。

道南の町々は祭の季節。
櫓が組まれ、待ちきれない人々が会場に姿を見せている。

ぽっぽとピンク色の文字が印象的な静内駅。
木目をあしらったきれいな駅だ。
構内も新しい。

様似からこの町に向かった列車は今どのあたりだろう。
海はまだ青さを残し、道南の小さな町もやがて暮れていく。

2012年8月13日撮影

18:35 恵庭市中島公園(8月13日の函館空港より1,930㎞)
札幌が遠かった。

静内を出て線路は海側を走り、川に架かる鉄橋は古く、癒しの風景が随所に見られた。
通り過ぎた占冠村が、この夏の水害に見舞われていたことに気づいたのは、東京に帰ってからのことだった。

鈍色の空と、思うように流れない日高国道に心を曇らしているうちに、北海道に上陸して以来初めての渋滞にはまり込み、随分長いことつまらない気持ちでいた。
沙流川渡河に伴う、日高方面へ向かう237号国道との合流が原因だった。
その地が門別。

解放されたように走り出し、川の先に見える煙突群を発見して、そこが苫小牧だと知ると道はにわかに北に転じ、道央自動車道を横にしていつの間にか都会的な道を走っていた。
太平洋にお別れの言葉を言っていない。

36号バイパスを北に向かっている。
千歳に向かうバイパスは空港道路のように広く、風景は幕張あたりに似ている。
千歳駅を発見できずバイパスに戻り、ようやく札幌が近くなってきた。

北海道の風景はここにはなく、閑静な住宅街。
何となく寂しい気持ちでいる。

そう言えば、ここじゃ蝉の声も聞こえない。

22:58 札幌東急イン1240号室(8月13日の函館空港より1,958㎞)
北海道最後の夜。
帰りたくないけど、帰りたいよ。

今も道東にいればこんな気持ちにならなかったかもしれないけど、札幌まで戻ってくれば家が恋しくなる。
不思議なものだ。
36号国道を走って札幌圏に入った時に、この旅は終わったような気持にさせられた。

明日も行きたい場所はある。
函館までは300㎞強。
3日前は450㎞走って札幌に着いた。
でも明日の今頃は東京。
今と同じように熱闘甲子園が始まるのを待っているだろう。

明日は制約が多くなる。
函館に18:00に着かなきゃ東京行最終便には間に合わない。
今日門別で起こったような事態に巻き込まれないことを願うばかり。

テレビ塔が遠くから見えた。
3日前より札幌入りはスムースに行われ、3日振りにこのホテルに荷物を下ろすと、すぐに出かけて中島公園へ。

札幌の大きさは3日前に知った。
でも慣れない。
こんなに心許ない気持ちで街を歩くのは初めてだ。

京都でも大阪でも博多でもこんなことはなかった。
どこか怯えに似たものを感じていた。
それがこの国で一番大きな街との出会いだった。

キリンビール園でビールを4杯。
ジンギスカン用の大きなテーブルに通されて面食らったけど、ひとりでこうしている理由を考えながら飲むビールは美味かった。
まだ店を出たくないと思えるまでそこにいて、ジャガイモがこんなにも美味く、腹持ちがいいことを知った。

札幌駅へ。
大通公園は素晴らしい。
燦然と輝くテレビ塔は美しく、ベンチに腰掛けて吸った煙草はことのほか美味く、ようやく札幌が体に入ってきた。

時計台には期待しない方がいい。
連中は言っていた。
でも連中はライトアップされた姿を見たのだろうか。
そして過去に対する想像力が欠如している。
そう解釈しながら眺めた時計台は美しく、その下で恋人たちが記念撮影をしていた。

札幌駅。
その偉容も3日前に承知済み。
ただ、その巨大な駅を離れていく列車は、東京行を除けば道内を走るものばかり。
空のようにどこの街にも行けるわけじゃない。
札幌駅の限界がそこにあり、それだけに街の大きさには驚かされる。

北も南も駅ビルには巨大な時計が設置されている。
あれがこの街の、時計台に対する敬意。
オレはそのように理解した。

帰りの大通公園。
テレビ塔のライトアップは終了していた。
不良少年連中が車座になって気勢を上げ、外国人カップルが物珍しそうに眺めている。

札幌は大きい。
まだ怯えが残っている。
12階から見下ろす街の流れは終わらない。
すすきの始発の市電がどこまで行くのか知らないが、続きは東京で。

天候に恵まれた北の旅だが、甲子園では雨だったのだな。
広陵、PL学園の敗退を知った。
この4日間で知った世界のニュースは甲子園の結果とニューヨークの停電だけ。

こんな時間になってもまだこの街にやってくる者たちがいる。
眼下で大型バスがたくさんの乗客を吐き出して北へ去った。

関連記事

「鉄旅日記」2020年睦月【秋田内陸縦貫鉄道に乗りにいきました。五能線の名所も歩いた旅初めでございます。】2日目(湯沢-鷹ノ巣)その1‐湯沢、四ツ小屋、秋田、森岳(奥羽本線)

駅旅日記2020年1月12日・・・湯沢駅、四ツ小屋駅、秋田駅、森岳駅(奥羽本線) 2020・1・12

記事を読む

「鉄旅日記」2015年夏【日本最南端の終着駅、枕崎までの往復旅】4日目(西鉄柳川-広島)その2-田川後藤寺、糸田、糒、金田、門司港、厚狭、湯ノ峠、四郎ヶ原、南大嶺、美祢(平成筑豊鉄道糸田線、平成筑豊鉄道伊田線、鹿児島本線、美祢線)

鉄旅日記2015年8月15日その2・・・田川後藤寺駅、糸田駅、糒駅、金田駅、門司港駅、厚狭駅、湯ノ峠

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのくひとり旅】最終日(羽後本荘-東京)-羽後本荘、古口、袖崎、天童、漆山、かみのやま温泉、山形、左沢、寒河江、長町、太子堂、南仙台、名取、館腰、船岡(羽越本線、陸羽西線、山形線、左沢線、東北本線)

鉄旅日記2012年8月15日・・・羽後本荘駅、古口駅、袖崎駅、天童駅、漆山駅、かみのやま温泉駅、山形

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その1-新子安、石川町、山手、磯子、根岸、大磯、二宮、鴨宮、早川、根府川、伊東、熱海、函南、東田子の浦(京浜東北線、根岸線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年3月20日その1・・・新子安駅、石川町駅、山手駅、磯子駅、根岸駅、大磯駅、二宮駅、

記事を読む

「車旅日記」1996年黄金週間【友を訪ねて大阪へ。そして約束の地、金沢へ。夢を見ながら国道を走った日々でございます。】3日目 金沢を後にして‐その3(R8→北陸道)小矢部、富山駅、有磯海SA

車旅日記1996年5月5日 22:15 8号国道‐小矢部 恋する女よ。 あれからオレはまだ走っ

記事を読む

「車旅日記」1997年夏【男鹿半島を目指した夏。友と過ごし、旧友と再会したみちのく旅でございます。】初日(東京-三国峠-新潟)-町田、東福生駅、山田うどん、前橋市田口町、月夜野道路情報ターミナル、奥平温泉遊神館、越後湯沢駅、堀之内パーキング、道の駅豊栄

車旅日記1997年8月13日 1997・8・13 10:30 東京町田 出発が遅れている。 急

記事を読む

「鉄旅日記」2017年春【近鉄に乗る日々】最終日(JR難波-東京)その2-大曽根、勝川、春日井、中津川、上松、原野、広丘、みどり湖、相模湖、豊田(中央本線/篠ノ井線)

鉄旅日記2017年3月20日・・・大曽根駅、勝川駅、春日井駅、中津川駅、上松駅、原野駅、広丘駅、みど

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】初日(東京-大垣)その2-郡上八幡、北濃、美濃白鳥、郡上八幡、関、美濃太田、岐阜(長良川鉄道/高山本線)

鉄旅日記2017年8月11日・・・郡上八幡駅、北濃駅、美濃白鳥駅、関駅、美濃太田駅、岐阜駅(長良川鉄

記事を読む

「鉄旅日記」2017年夏【私鉄王国で過ごす夏】最終日(十三-東京)その1-十三、大阪梅田、大阪、東淀川、茨木、島本、桜井の繹跡、桂川、京都(阪急電鉄宝塚本線/東海道本線)

鉄旅日記2017年8月14日・・・十三駅、大阪梅田駅、大阪駅、東淀川駅、茨木駅、島本駅、桂川駅、京都

記事を読む

「鉄旅日記」2019年師走【由利高原鉄道鳥海山ろく線に乗りにいきました。初冬の日本海は荒々しく、美しゅうございました。】最終日(酒田-東京)その2‐小波渡、五十川、府屋、あつみ温泉(羽越本線)

鉄旅日記2019年12月8日・・・小波渡駅、五十川駅、府屋駅、あつみ温泉駅(羽越本線) 8:59 小

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その2‐会津若松、郡山富田、喜久田、郡山(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・会津若松駅、郡山富田駅、喜久田駅、郡山

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】最終日(新津-東京)その1‐新津、馬下、津川、喜多方(磐越西線)

鉄旅日記2020年4月5日・・・新津駅、馬下駅、津川駅、喜多方駅(磐越

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その5‐小国、坂町、新津(米坂線/羽越本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・小国駅、坂町駅、新津駅(米坂線/羽越本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その4‐置賜、高畠、米沢(奥羽本線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・置賜駅、高畠駅、米沢駅(奥羽本

「鉄旅日記」2020年卯月【緊急事態宣言発令直前のことでございます。常磐線全線運転再開を祝して人知れず旅に出たのでございます。】初日(東京-新津)その3‐仙台、北山、葛岡、山形(仙山線)

鉄旅日記2020年4月4日・・・仙台駅、北山駅、葛岡駅、山形駅(仙山線

→もっと見る

    PAGE TOP ↑