*

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、名古屋往復】その2-恵那、瑞浪、土岐市、多治見、千種、鶴舞、金山、天竜川、袋井(中央本線、東海道本線)

公開日: : 最終更新日:2020/08/29 旅話 * 結婚後2012年

鉄旅日記2012年3月25日その2
13:40 恵那(えな)駅(中央本線/明知鉄道 岐阜県)
中山道の宿場町恵那。

気温5度。
雨に小雪が混じる。

盛大に煙が上がっていたかつての記憶の中の恵那。
それは阿木川沿いの王子製紙板紙工場から吐き出されたものだと知った。
冬に向かう鉄道風景にとてもよく合っていた。

明知鉄道ホームが賑わっている。
いつかこの街に泊まる計画を立てていた。
ご破算にはしないよ。
明知にも必ず行く。

14:14 瑞浪(みずなみ)駅(中央本線 岐阜県)
昭和の駅前風景だったよ。

街を歩き、土岐川の畔にしばしたたずむ。

古い駅前ビルにアーケード。
どこにでもあった風景はどうして姿を消していくのか。

朝に東京を出て、今オレは岐阜県にいるんだな。
今更ながらに驚いている。

名古屋に向かう列車はまだ空いている。

14:39 土岐市(ときし)駅(中央本線 岐阜県)
伊野川に小路がある。
唯一の繁華街みたいなものだ。

セントラルホテルだったかの看板は割れていた。
もう一軒の真っ青なビジネスホテルはもう少し他の色合いにした方がよくはないか。
余計なお世話なことは分かっているが。

寒風。
土岐川に架かる橋では霙に濡れた。

その脇で青空市をやっていて、思わず甘い物を二つ手にした。

「ありがとにいちゃん」とおばちゃん。
開けるのが楽しみだ。
きっと美味いだろう。

15:08 多治見(たじみ)駅(中央本線/太多線 岐阜県)
陶都を謳う多治見。
駅が新しくなっていた。

土岐川の流れは変わらないが、土岐からはだいぶ下ってきたようだ。

多治見はその坂下にある大きな街だった。
アーケードにもどこにも人がたくさんいたよ。

もう少し歩いてみたい街だった。
次は太多線に乗りに来よう。

15:46 千種(ちくさ)駅(中央本線/名古屋市営地下鉄東山線 愛知県)
名古屋の風もまた冷たい。

朝から旅をしてきて、ようやく名古屋に紛れた。

ロータリーでぐるっと360度を見渡す。

街並は山手線の五反田に似ているが、東京、大阪、福岡とは違う都会の風景だ。
でも一体何が違うのかをうまく説明できない。

15:56 鶴舞(つるまい)駅(中央本線/名古屋市営地下鉄鶴舞線 愛知県)
鶴舞公園に面している。

桜まつりはもうすぐだ。

高速道路が走り、ムコウに都会が見えた。

風から冬が消えた。

東京と比べてばかりで名古屋には悪いが、見えた都会は巣鴨あたりに似ていたよ。

16:18 金山(かなやま)駅(中央本線/東海道本線/名鉄本線 愛知県)
改札を抜けたら大都会の人波が行き交う街だった。

「明日なる!」なるモールではイベントの最中で大変な数を動員していた。

JRと名鉄を合わせて金山総合駅と呼ぶ発想は気に入ったよ。
同じくJRと名鉄が乗り入れる一宮でも一宮総合駅と呼ぶようだ。

それにしても変なヤツをよく見かける。
これが異邦人の目なのだろう。
でも電車の中でスルメを齧って匂いを撒き散らすおばちゃんは初めて見た。
名古屋ではそれがオッケーってことだ。
オレにはまったく理解ができないが。

浜松行新快速は混んでいる。
大府、刈谷、安城、岡崎・・・どこまでこのままなのだろう。

18:00 天竜川(てんりゅうがわ)駅(東海道本線 静岡県)
豊橋で乗り換え、さらに浜松で乗り換え、次の天竜川で下りる。

この冷たい風はどこへ行こうと吹いている。
時に強風だ。

この時間帯だとさすがに体にも気持ちにも堪える。
歩き回ろうという気は起こらない。

駅前にはそれなりの往来がある。
迎えの車も次々にやってくる。

タクシー会社は目の前だ。
高層マンションもあって寂れた印象はない。
ただ、商店がない。
駅名となっている天下の暴れ川はどこを流れている。

列車に乗る。
そして大河天竜川を渡った。

18:26 袋井(ふくろい)駅(東海道本線 静岡県)
最後に降りた袋井は街だった。

駅前は明るく、街を照らす居酒屋の類も夕暮れの袋井に溶け込み、きれいだったよ。

静岡はあたたかい。
火曜日にそう実感した。

東海道は今日も晴れだ。
そして最後に袋井で降りることを選んだオレの勝ちだ。
いい気分だよ。

これから静岡、熱海、品川、池袋と乗り継いで、オレの家に着くのは23:00を過ぎる。

関連記事

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのく・北海道途中下車旅】2日目(横手-室蘭)-横手、土崎、八郎潟、大館、弘前、青森、泉沢、久根別、七飯、仁山、渡島沼尻、森、八雲、長万部、伊達紋別(奥羽本線、江差線、函館本線、渡島砂原支線、室蘭本線、室蘭支線)

鉄旅日記2012年8月12日 2012・8・12 6:02 横手(よこて)駅(奥羽本線/北

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その1-保谷、稲毛、都賀、四街道、久住、下総神崎、松岸、銚子(総武本線、成田線)

鉄旅日記2012年3月12日その1 2012・3・12 4:21 保谷(ほうや)駅(西武池

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、銚子へ、房総へ。】その2-猿田、旭、八日市場、八街、成東、本納、茂原、千倉、佐貫町、姉ヶ崎、市川(総武本線、東金線、内房線、外房線)

鉄旅日記2012年3月12日その2 11:01 猿田(さるだ)駅(総武本線 千葉県) お

記事を読む

「鉄旅日記」2012年初冬【週末パスで、甲信越途中下車旅】最終日(長野-東京)その1-長野、信州中野、湯田中、安茂里、戸倉、上田、別所温泉、西上田、田中(長野電鉄、信越本線、しなの鉄道、上田交通)

鉄旅日記2012年12月9日その1 2012・12・9 6:10 長野(ながの)駅(長野新

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、福井・石川途中下車旅】初日(東京-富山)-大垣、田村、近江塩津、敦賀、越前花堂、美山、九頭竜湖、越前大野、福井、美川、金沢、津幡(東海道本線、北陸本線、越美北線)

鉄旅日記2012年8月25日 2012・8・25 12:40 大垣(おおがき)駅(東海道本

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その1-富山、水橋、速星、千里、越中八尾、笹津、猪谷、飛騨古川、高山、久々野、下呂、白川口、上麻生、下麻生(北陸本線、高山本線)

鉄旅日記2012年8月26日その1 2012・8・26 6:22 富山(とやま)駅(北陸

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、みちのくひとり旅】最終日(羽後本荘-東京)-羽後本荘、古口、袖崎、天童、漆山、かみのやま温泉、山形、左沢、寒河江、長町、太子堂、南仙台、名取、館腰、船岡(羽越本線、陸羽西線、山形線、左沢線、東北本線)

鉄旅日記2012年8月15日 2012・8・15 6:31 羽後本荘(うごほんじょう)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2012年晩秋【休日おでかけパスで、相模線途中下車旅】保土ヶ谷、大船、香川、北茅ヶ崎、厚木、社家、相武台下、原当麻、下溝、片倉、八王子、猿橋、西八王子、武蔵小金井、東小金井(横須賀線、東海道本線、相模線、横浜線、中央本線)

鉄旅日記2012年11月17日 2012・11・17 12:41 保土ヶ谷(ほどがや)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2012年春【青春18きっぷで、相模・駿河・甲斐途中下車旅】その1-新子安、石川町、山手、磯子、根岸、大磯、二宮、鴨宮、早川、根府川、伊東、熱海、函南、東田子の浦(京浜東北線、根岸線、東海道本線、伊東線)

鉄旅日記2012年3月20日その1 2012・3・20 5:57 新子安(しんこやす)駅(

記事を読む

「鉄旅日記」2012年夏【青春18きっぷで、富山・岐阜途中下車旅】最終日(富山-東京)その2-美濃太田、可児、姫、下切、南木曽、田立、勝沼ぶどう郷(太多線、中央本線)

鉄旅日記2012年8月26日その2 13:18 美濃太田(みのおおた)駅(高山本線/太多線

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

「鉄旅日記」2005年聖夜【廃線となった鹿島鉄道に乗った記録が残されておりました。】-鹿島神宮、新鉾田、鉾田、石岡(鹿島線/鹿島臨海鉄道/鹿島鉄道/常磐線)

鉄旅日記2005年12月24日 記憶には残るだろう。

→もっと見る

    PAGE TOP ↑