*

2017・6・25 眠る前に思うこと-練馬区70周年、長野県南部地震、ヒョードルK.O.負け、反米闘争の日、モスルでの戦闘、パキスタンのタンクローリー事故-

公開日: : 最終更新日:2020/08/21 日日のこと

梅雨空の練馬区。
練馬区は区制が敷かれて70年ということで西武池袋線ではPR広告を流している。

40歳過ぎまで縁をもたなかった地域に今暮らしている。
縁というのは生きている限り有効だ。
今週も見つけにいこう。

テレビじゃ長野南部の地震の報道を流している。
まだ子供の頃、王滝村は耐え難い地震災害に見舞われた。
その報道は確か東上田の田舎で見た。
オレより小さかった従兄弟が悲しんでいた。

インターネットではアレクセイ・ヒョードル惨敗の記事を拾った。
しばらく消息を知らずにいた。
PRIDE、K1などの格闘技ブームにオレも乗ったけど、ブームが去るとオレも去った。

まだファイターでいることを続けていたんだな。
偉大かつ冷酷なファイターの笑顔はとても優しかった。

オレも、どんな者にも親がいることを思い知った。
そして子を持つ者もいる。
公な場で殴り倒される可能性を持つ職業を選んだ強き者たちに敬意を。
彼の家族はとても悲しい思いをしたことだろう。

平壌の広場に大勢が整然と並び拍手を送る。
もはや見慣れた光景だが、そこには必ず違和感を伴う。

国家というものが人々を支配する光景としてあれほど象徴的なものは他に見当たらない。

今日は朝鮮民主主義人民共和国の反米闘争の日だという。
様々な歴史や経緯があって一年の内にそんな日があるわけだ。
あの国に暮らす人々に恨みはないが、気の毒にと思う。

世界中にテロリストを送りつけているISがイラクで最大の拠点モスルでイラク軍の奪還作戦による反撃を受け、今日も世界はキナ臭い。
連中は結末を予感できているのだろうか。

長くは続くもんじゃないと楽観視してみても、例えばかつてフランスじゃジャンヌ =ダルクの登場を見た百年戦争というのがあった。
人類は人工知能を生み出す反面、愚かな行為は繰り返される。

人々が気持ちよく暮らしていくために何ができるか考えよう。
まずは笑顔でいなきゃな。

パキスタンの事故は悲劇だ。
タンクローリーが横転し、流れたガソリンを拾おうと集まった人々が爆発の犠牲になり死者は100人を超えている。
中には煙草に火をつけた者もいたという。
嗚呼

関連記事

2017・6・26 眠る前に思うこと -「Rainy Days And Mondays」、印刷業界の苦境、オールスターファン投票、大相撲名古屋場所目前。

雨の日と月曜日は憂鬱。 カーペンターズの名曲が書かれた季節は知らないが、たいてい月曜日は憂

記事を読む

2017・7・7 眠る前に思うこと-九州豪雨、久大本線花月川橋梁崩落、ISからのモスル解放状況、無情の雨-

九州豪雨による被害の早期収束を七夕の夜に願う。 山が崩れ、川は濁流と化し、町には流木が

記事を読む

2017・7・15 眠る前に思うこと-清瀬駅探訪そして猛暑列島-

この暑さは毒だ。 気持ちをしっかり持ってなくちゃやられてしまう。 今日も各地で記録的

記事を読む

2017・7・22 ほんの少しだけ遠回りして故郷に帰る。そんな他愛のないお話です-中央林間(小田急江ノ島線・東急田園都市線)・東急田園都市線つきみ野駅、田奈駅

明日はみんなで町田にあるオレの実家に行くことになってる。 それに先駆けてオレだけ一日前に町

記事を読む

2017・7・19 眠る前に思うこと-BNI銀座Anchorチャプター、ギバーズゲイン、朝活精鋭集団、横綱白鵬に土、ヤクルト13連敗-

BNI銀座Anchorチャプターという集まりに参加した。 毎週水曜日の午前中に集うビジネス集団だ。

記事を読む

2018・1・14 眠る前に思うこと-習志野シンフォニックブラス(NSB)第20回演奏会、本八幡駅・船橋駅探訪、津田沼へ-

関東日本晴れ。 空気は冷たいが、日差しはあたたかく、風もない外出日和。 最大級の寒波

記事を読む

2017・7・10 眠る前に思うこと-キース・リチャーズのひとこと、今朝の西武線、ISからのモスル解放、そして・・・-

西武池袋線が通勤電車なんだ。 いつも通り保谷始発の鈍行列車で座ってのんびりと池袋までと

記事を読む

2017・7・18 眠る前に思うこと-引き続き猛暑列島、東京に降った雹-

こんなに暑ければ酒でも飲んで寝るしかないじゃないか。 それでも眠れる保証はない。 だから

記事を読む

2017・7・5 眠る前に思うこと-九州北部、島根県豪雨、「都民ファーストの会」新人研修、須藤美貴さん-

朝は島根県だって言ってたよ。 記録的豪雨の報道に詳細はなく不気味だった。 ひどいことにな

記事を読む

2017・6・29 眠る前に思うこと-今年上半期の景気、TOKYO FMスカイロケットカンパニー、マンボウやしろ本部長、浜崎美保秘書、総務省推進「地域おこし協力隊」、10月21日(土)開催「くりはらマルシェ」-

仕事で車を走らせる時には「TOKYO FM」を聞いている。 義理があるわけじゃない。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

「鉄旅日記」2005年聖夜【廃線となった鹿島鉄道に乗った記録が残されておりました。】-鹿島神宮、新鉾田、鉾田、石岡(鹿島線/鹿島臨海鉄道/鹿島鉄道/常磐線)

鉄旅日記2005年12月24日 記憶には残るだろう。

→もっと見る

    PAGE TOP ↑