*

2017・6・29 眠る前に思うこと-今年上半期の景気、TOKYO FMスカイロケットカンパニー、マンボウやしろ本部長、浜崎美保秘書、総務省推進「地域おこし協力隊」、10月21日(土)開催「くりはらマルシェ」-

公開日: : 最終更新日:2020/08/23 日日のこと

仕事で車を走らせる時には「TOKYO FM」を聞いている。
義理があるわけじゃない。

だから春夏の甲子園での高校野球開催期間中だけは許してほしい。

あとたまに大相撲中継とごく稀に国会中継。

17:00からの「明日への、のろしを上げるラジオの中の会社・スカイロケットカンパニー!」で、昨日のオレの問いに対するリスナーからの答えをたまたま流していた。

今年上半期の景気調査だよ。
最終的によかった42.8%、悪かった38.7%だったようだ。

今さら持ち出すまでもなくオレは悪かった組だ。
でも結果はよかった。

みんな悪くて慰め合うんじゃ解決にはならないけど、景気がよかったっていう方が多いのなら、そのうち回ってくるだろ。
ボサッとしてちゃどうしようもないけど、きちんと種は蒔いたじゃん。
辛抱だよ。

同番組は、マンボウやしろ本部長とオレと同じスワローズ・ファンの浜崎美保秘書のツインナビゲートによるもので、本部長はブサイクを自認していて売りにもしている。
人様の顔に対して何か言えた義理じゃないが、写真で見る限り味わい深い顔の持ち主だ。

いつかの朝日新聞に載ってたけど、番組での彼はとても男前で、発言もカッコいい。
いつも彼に共感している。
そしてオレはその発言をずっと支持し続けるだろう。

浜崎秘書の声は夕方のミルキーヴォイスとしてリスナーに愛されていて、オレも当然そこに属している。
今日は飛び入りでゆずのお二人が加わり、いつもながらの楽しい放送に花を添えてくれた。
毎日聞ける番組じゃないから今日は幸運だった。

幸運と言えば、去年の3月までお客様として接していたMさんから不意に電話があり仕事を依頼してくれた。

彼女は地元の宮城に帰って総務省が推進する「地域おこし協力隊」に応募して、過疎地域に実際に暮らして地域の活性化に取り組んでいるとのこと。

仕事の依頼は10月21日に行われる「くりはらマルシェ」というイベントに使用されるポスターとチラシなんだ。
こういったご縁は営業冥利に尽きる。

イベントの成功と、そして何よりもMさんの果てしのない幸せを祈ります。
とてもステキな女性なんだ。
彼女と会えなくなることを知った時は少し感傷的になったよ。

関連記事

2017・7・15 眠る前に思うこと-清瀬駅探訪そして猛暑列島-

この暑さは毒だ。 気持ちをしっかり持ってなくちゃやられてしまう。 今日も各地で記録的

記事を読む

2017・7・13 眠る前に思うこと-仕事の話あれこれ、よもやま話あれこれ-

仕事とはストレスがあってこそなのかもしれない。 久々にそんな案件に出くわした。 明日を想

記事を読む

2017・7・5 眠る前に思うこと-九州北部、島根県豪雨、「都民ファーストの会」新人研修、須藤美貴さん-

朝は島根県だって言ってたよ。 記録的豪雨の報道に詳細はなく不気味だった。 ひどいことにな

記事を読む

2017・7・11 眠る前に思うこと-大相撲名古屋場所稀勢の里2敗目、ヤクルト9連敗、稲葉篤紀氏が東京五輪野球代表監督へ-

稀勢の里2敗か。 日馬富士も鶴竜も他の大関陣にも土がついている。 早くも白鵬の通算勝ち星

記事を読む

2017・7・22 ほんの少しだけ遠回りして故郷に帰る。そんな他愛のないお話です-中央林間(小田急江ノ島線・東急田園都市線)・東急田園都市線つきみ野駅、田奈駅

明日はみんなで町田にあるオレの実家に行くことになってる。 それに先駆けてオレだけ一日前に町

記事を読む

2017・7・18 眠る前に思うこと-引き続き猛暑列島、東京に降った雹-

こんなに暑ければ酒でも飲んで寝るしかないじゃないか。 それでも眠れる保証はない。 だから

記事を読む

2017・6・25 眠る前に思うこと-練馬区70周年、長野県南部地震、ヒョードルK.O.負け、反米闘争の日、モスルでの戦闘、パキスタンのタンクローリー事故-

梅雨空の練馬区。 練馬区は区制が敷かれて70年ということで西武池袋線ではPR広告を流してい

記事を読む

2017・7・3 眠る前に思うこと-東京都議会議員選挙の結果について-

小池新党圧勝から一夜。 街がやけに静かに感じたよ。 そりゃ一週間続いた選挙戦が終わったん

記事を読む

2017・7・7 眠る前に思うこと-九州豪雨、久大本線花月川橋梁崩落、ISからのモスル解放状況、無情の雨-

九州豪雨による被害の早期収束を七夕の夜に願う。 山が崩れ、川は濁流と化し、町には流木が

記事を読む

2017・6・27 眠る前に思うこと-佐野元春さん、蝶野正洋さん、AED救急救命啓発活動、小橋建太さん、大谷晋二郎さん、KEOSOさん、プロレスリング・ノア、三沢光晴さん、デビッド・フォン・エリックさん-

佐野元春さんが2003年に発表した朗読ライブ「in motion2003-増幅」を聴いている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、上ノ国もんじゅ、瀬棚町、いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日 2003・8・13 10:30

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

→もっと見る

    PAGE TOP ↑