*

2017・7・11 眠る前に思うこと-大相撲名古屋場所稀勢の里2敗目、ヤクルト9連敗、稲葉篤紀氏が東京五輪野球代表監督へ-

公開日: : 最終更新日:2020/08/22 日日のこと

稀勢の里2敗か。
日馬富士も鶴竜も他の大関陣にも土がついている。
早くも白鵬の通算勝ち星新記録場所の様相を呈した名古屋場所。

とても残念だけど、稀勢の里に白鵬に替わる存在感を持つことを期待する向きは今はないだろう。
最早不世出と言ってもいい大横綱白鵬。
居措から身体の線まで美しい。
彼が不調の場所は物足りない。

東京五輪までを現役の目標にしてるそうだが、日本人力士が存在感を増してきた今、彼には憎らしいほど強い横綱になるという手がまだ残されている。
日本人目線で恐縮だけど、強い白鵬に勝ってこそ優勝に価値があると思っている。

しかし昨日の白鵬と今日の稀勢の里、栃ノ心関を相手にした取組を見て力の差が明確になった。

ヤクルト9連敗。
山田哲人選手までオールスターに洩れて、あ~あだよ。

朝日新聞には他球団から戦力外通告を受けた選手たちが輝く理由を、生え抜き選手の育て方に問題があると書いてたけど、それよりもそういった選手が力を発揮できる場であることを喜びたい。

坂口智隆選手、大松尚逸選手、鵜久森淳志選手の3人がスタメンに名を連ねた日もあった。
泣けたな。

トーマス・オマリーさん、
オランダ代表監督として再来日したヘンスリー・ミューレンさん、
小早川毅彦さん、
辻発彦さん、
鈴木健さん。
忘れません。

東京五輪の野球代表監督候補が稲葉篤紀さん一本に絞られたとのこと。

前任の代表監督小久保裕紀さんの下でコーチをしていたけど、監督未経験。
ご苦労が多いだろう。

多くの野球ファンと話していて分かったのは、小久保さんは名前で泣いていた。
何しろそれまでの代表監督は球界の顔ばかりだ。

おそらく全日本は原辰徳さんの方向で進んでいるんじゃないか。
今回の報道が五輪に限定していたことから伺える。

いろいろあるんだろうなきっと。
でも稲葉さんはヤクルトOB。
応援しますよ。

関連記事

2017・6・27 眠る前に思うこと-佐野元春さん、蝶野正洋さん、AED救急救命啓発活動、小橋建太さん、大谷晋二郎さん、KEOSOさん、プロレスリング・ノア、三沢光晴さん、デビッド・フォン・エリックさん-

佐野元春さんが2003年に発表した朗読ライブ「in motion2003-増幅」を聴いている

記事を読む

2017・7・12 眠る前に思うこと-荒廃したモスル、九州豪雨、サッカー天皇杯、ヤクルト10連敗・・・-

モスルの荒廃は凄まじい。 石が砕けた市街に砲弾が落ち、白い埃が煙りのようにたち、僅かな物陰

記事を読む

2017・7・19 眠る前に思うこと-BNI銀座Anchorチャプター、ギバーズゲイン、朝活精鋭集団、横綱白鵬に土、ヤクルト13連敗-

BNI銀座Anchorチャプターという集まりに参加した。 毎週水曜日の午前中に集うビジネス集団だ。

記事を読む

2017・7・13 眠る前に思うこと-仕事の話あれこれ、よもやま話あれこれ-

仕事とはストレスがあってこそなのかもしれない。 久々にそんな案件に出くわした。 明日を想

記事を読む

2017・7・3 眠る前に思うこと-東京都議会議員選挙の結果について-

小池新党圧勝から一夜。 街がやけに静かに感じたよ。 そりゃ一週間続いた選挙戦が終わったん

記事を読む

2017・7・15 眠る前に思うこと-清瀬駅探訪そして猛暑列島-

この暑さは毒だ。 気持ちをしっかり持ってなくちゃやられてしまう。 今日も各地で記録的

記事を読む

2017・7・22 ほんの少しだけ遠回りして故郷に帰る。そんな他愛のないお話です-中央林間(小田急江ノ島線・東急田園都市線)・東急田園都市線つきみ野駅、田奈駅

明日はみんなで町田にあるオレの実家に行くことになってる。 それに先駆けてオレだけ一日前に町

記事を読む

2017・7・7 眠る前に思うこと-九州豪雨、久大本線花月川橋梁崩落、ISからのモスル解放状況、無情の雨-

九州豪雨による被害の早期収束を七夕の夜に願う。 山が崩れ、川は濁流と化し、町には流木が

記事を読む

2017・7・18 眠る前に思うこと-引き続き猛暑列島、東京に降った雹-

こんなに暑ければ酒でも飲んで寝るしかないじゃないか。 それでも眠れる保証はない。 だから

記事を読む

2017・7・10 眠る前に思うこと-キース・リチャーズのひとこと、今朝の西武線、ISからのモスル解放、そして・・・-

西武池袋線が通勤電車なんだ。 いつも通り保谷始発の鈍行列車で座ってのんびりと池袋までと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「車旅日記」2003年夏【北海道初上陸。2,300㎞を移動した5日間の記録でございます。】初日(函館-上ノ国-札幌)走行距離471㎞ -知内駅、上ノ国もんじゅ、瀬棚町、いわない、小樽駅、札幌東急イン

鉄旅日記2003年8月13日 2003・8・13 10:30

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その2-門司港にて

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】最終日(博多-小倉-門司港-宇部)その1-博多そして小倉

鉄旅日記2003年2月16日 2003・2・16日の記憶

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その2-博多の夜

鉄旅日記2003年2月15日 2003・2・15 サンシティ

「鉄旅日記」2003年冬【ご縁と別れがあり、34歳の誕生日を北九州で迎えた日の記憶でございます。】初日(宇部-飯塚-博多)その1-山口宇部空港、宇部新川、宇部、下関、小倉、折尾、飯塚、博多(宇部線/山陽本線/鹿児島本線/筑豊本線/篠栗線)

鉄旅日記2003年2月15日 2003年2月15日の記憶

→もっと見る

    PAGE TOP ↑