*

「 旅話 1995年 」 一覧

「車旅日記」1995年秋【恋に病んで・・・西へ。1号国道をひたすら、大阪の友に会いにいく。】その2-東寺、五条大橋、琵琶湖湖岸道路、米原、関ヶ原・・・・-

2018/03/14 | 旅話 1995年

車旅日記1995年11月5日 1996・11・5 9:19 1号国道-東寺 京都乱入。 晴天。 風も穏やか。 心もまた。 五重塔が見える。 音楽はR&Rの

続きを見る

「車旅日記」1995年5月【26歳、初めてひとりで旅に出た理由】その1-東北道を郡山まで、一般道で日本海、酒田、そして帰京

2018/03/14 | 旅話 1995年

車旅日記1995年5月2日 14:20 芝浦某所 連休の中日。 例年通りオレは働いている。 受注には恵まれないけど、気分的にはリラックスしている。 そこのところも例年通りだ。

続きを見る

「車旅日記」1995年秋【恋に病んで・・・西へ。1号国道をひたすら、大阪の友に会いにいく。】その1-箱根関所跡、片浜駅、静岡駅、中田島砂丘、尾張大橋、伊勢大橋、関駅、近江大橋、南茨木駅-

2017/07/03 | 旅話 1995年

車旅日記1995年11月3日その1 11・3 1:13 箱根関所跡 緊張は続いている。 一本目の煙草はそれ程うまくない。 これから山下り。 他のドライバーはとてもラフだ。 たま

続きを見る

「車旅日記」1995年5月【26歳、初めてひとりで旅に出た理由】その2-東北道を郡山まで、一般道で日本海、酒田、そして帰京

2017/06/24 | 旅話 1995年

車旅日記1995年5月5日 11:09 猪苗代湖畔 さっきまで丸二日、友と奥さんが構えた暖かい家庭に厄介になっていた。 嬉しいじゃないか。 この世界にはオレを歓迎してくれる友がいるんだ

続きを見る

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その2-安曇沓掛、信濃常盤、細野、海ノ口、信濃大町、信濃松川、安曇追分、南松本(大糸線/篠ノ井線)

鉄旅日記2018年4月8日 10:41 安曇沓掛(あずみく

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】最終日(飯田-安曇野-木曽-東京)その1-飯田、伊那大島、伊那松島、辰野、松本、柏矢町、豊科(飯田線/中央本線辰野支線/篠ノ井線/大糸線)

鉄旅日記2018年4月8日 2018・4・8 5:53 飯

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その2-野田城、長篠城、大海、三河大野、浦川、門島、桜町、飯田(飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 16:18 野田城(のだじょう)

「鉄旅日記」2018年春【伊那谷へ。長篠へ。安曇野へ。木曽へ。青春18きっぷを握ったそんな旅でございます。】初日(東京-岡谷-長篠-飯田)その1-国立、高尾、宮田、伊那八幡、三河東郷、新城、三河一宮(中央本線/飯田線)

鉄旅日記2018年4月7日 2018・4・7 6:13 国立

「車旅日記」1997年梅雨明け【疲れきっていた若き日々。またしても向かうのは北でございました。】(東京-鳴子温泉-東京)2日目~最終日-いわき久ノ浜パーキング、亘理、名取、松山町、鳴子サンハイツ、町田

車旅日記1997年7月20日 7:03 6号国道‐いわき久ノ

→もっと見る

    PAGE TOP ↑